夜叉 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夜叉」(やしゃ)は、庄司陽子による日本漫画作品。

BE・LOVEミステリー』(講談社1991年第11集に掲載された読みきり作品。『ミステリー傑作選』(第6巻、講談社刊)に収録されている。

あらすじ[編集]

探偵・京極政高は、大学時代に寄宿していた西園寺家の一人娘麗子と10年ぶりに再会する。麗子は政高に殺人を告白する。

登場人物[編集]

京極政高(きょうごく まさたか)
探偵。大学時代に西園寺家に寄宿していた。麗子の誘いを受けて、西園寺家を訪れるが……。
峯子(みねこ)
京極の助手。ショートヘア。京極からネコとあだ名されている。
西園寺麗子(さいおんじ れいこ)
西園寺一族の長・西園寺忠雄の一人娘。21歳で大銀行の頭取の跡取りと見合いし、大学卒業後に結婚、現在は高校生の娘がいる。和洋中華の料理をこなし、お華、お茶、語学、日本舞踊に精通。寄宿していた京極の一言で夫との離婚を決断。京極に瓜二つの、娘の家庭教師・佐田良輔に恋心を寄せるが……。
西園寺遙(さいおんじ はるか)
麗子の一人娘。家庭教師の佐田良輔に想いを寄せる。
佐田良輔(さだ りょうすけ)

西園寺家に住み込みで雇われた遙の家庭教師。遙に想いを寄せている。麗子に誘惑されるが拒絶する。