夜はキラキラ寺チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜はキラキラ寺チャンネル
放送期間 1989年10月-1991年9月
パーソナリティ 寺島尚正
出演 ナース井手
テンプレートを表示

夜はキラキラ寺チャンネル(よるはきらきらてらちゃんねる)は、1989年10月から1991年9月まで放送されていた、文化放送ラジオ番組

沿革[編集]

  • 1989.10-1990.3『街ラジオ 夜はキラキラ寺チャンネル』
    月-金曜18:00-20:00
    寺島尚正(文化放送アナウンサー)とタレントのナース井手が、パーソナリティを務めた。
  • 1990.4-1990.9『文化放送ライオンズナイター 寺チャンネルスペシャル』
    ナイターのない月曜18:00-20:00
    当初はナイターオフのみの放送の予定であったが、1990年4月からは『文化放送ライオンズナイター』を放送していない、月曜のみの放送となった。
  • 1990.10-1991.3『評判ラジオ 夜はキラキラ寺チャンネル』
    月-金曜18:00-20:00
    ナイターオフに、再度復活。冠タイトルを「評判ラジオ」と変更。
  • 1991.4-1991.9『文化放送ライオンズナイター 寺チャンネルスペシャル』
    ナイターのない月曜18:00-20:00
    同時期には、青森放送で『寺ちゃん・ナースのマリモタイム』として、放送されていた(月-金曜21:30-21:40)。
  • 1991年10月、寺島アナが平日帯の朝ワイド『寺島・藤井のジャストミート』への異動が決定したため、寺島・ナースのコンビは、一時解消。ナース井手は野村邦丸(文化放送アナウンサー)とコンビを組み、『邦丸・ナースのラジオ横丁一番地』を開始。1992年のナイターオフまで続いた。
  • 1993年4月、『吉田照美のやる気MANMAN!』で「マイクサイドボクシング 俺に言わせろ」のコーナーで、コンビ復活。水曜のコメンテーターを担当していた。
  • 1993年10月、寺島アナとナース井手のコンビ番組が、ナイターオフの夜に復活。『寺島・ナースの爆発120分』として、放送を開始した。1994年3月に終了し、ナース井手は井手えりと名を変え、『やる気MANMAN!』のピンチヒッターとして、寺島アナとのコンビで、パーソナリティを数回務めたが、井手が芸能界を引退したため、その後はコンビを組むことは無かった。

1994年10月以降のナイターオフ番組[編集]

  • 1994年のナイターオフ以降は2001年~2004年を除き、竹内靖夫(文化放送アナウンサー)が、メインパーソナリティを務める、電話リクエスト番組枠として編成され、2008年のナイターオフまで続いた[1]
  • 2009年のナイターオフ以降は月曜日を除き、スポーツ色を強めたナイターオフ番組を放送している。

脚注[編集]

  1. ^ 竹内靖夫の電リク・ハローパーティー』。1989年10月よりスタートした、18時・19時台の『夜はキラキラ寺チャンネル』→『邦丸・ナースのラジオ横丁一番地』→『寺島・ナースの爆発120分』枠と20時以降の主に、中高生向けナイターオフ番組枠を、1994年10月に刷新して開始した