I LOVE YOU (オフコースの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夜はふたりでから転送)
移動先: 案内検索
I LOVE YOU
オフコースシングル
初出アルバム『SELECTION 1978-81
B面 夜はふたりで
リリース
規格 EP
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-17169
作詞・作曲 小田和正 (I LOVE YOU)
安部光俊, 鈴木康博 / 鈴木康博(夜はふたりで)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1981年7月度月間8位(オリコン)
  • 1981年8月度月間18位(オリコン)
  • 1981年度年間81位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
オフコース シングル 年表
時に愛は
1980年
I LOVE YOU
1981年
愛の中へ
(1981年)
SELECTION 1978-81 収録曲
  1. 風に吹かれて
  2. 夏の終り
  3. 愛を止めないで
  4. せつなくて
  5. 生まれ来る子供たちのために
  6. さよなら
  7. Yes-No
  8. 愛の終わる時
  9. 一億の夜を越えて
  10. いくつもの星の下で
  11. I LOVE YOU
テンプレートを表示

I LOVE YOU」(アイ・ラヴ・ユー)は、1981年6月21日に発売されたオフコース通算21枚目のシングル

解説[編集]

「I LOVE YOU」はベスト・アルバム『SELECTION 1978-81[注 1]に収録され、その後再レコーディングされたテイクがアルバム『I LOVE YOU[注 2]にアルバム・ヴァージョンとして収録、間奏部にジョン・レノン訃報のナレーションが挿入された。シングル・ヴァージョンの英語はFENの音声より前半に女性、後半に男性の声をつないでいて、内容に意味はない。後に小田は「この曲をレコーディングしている時、スタジオで加藤和彦さんに会ったんだよ。“何やってるの?”って訊くから、“シングルなんだ”って答えたら、“これがシングルなの? 売れてる時は何でも出来ちゃうから、いいよね”って言われたの覚えてる」[1]とインタビューで答えている。この曲は後に小田がシングル「キラキラ[注 3]のカップリングとしてセルフ・カヴァーしている。

「夜はふたりで」はオリジナル・アルバム未収録。この曲は後に鈴木がアルバム『BeSide[注 4]にてセルフ・カヴァーした。解説で鈴木は「ずっと“白いシーツの海で”という歌詞が嫌いで、嫌いならなぜOKしたのかと言われそうだが、皆がイイと言うので納得した覚えがある。もうそんな気持ちは消えた」[2]と書いている。

ジャケットはタイプライターで打たれた紙が写っているデザインで、最後の2行は次のコンサートツアーが1982年1月から始まることを伝える文章になっている。レコード発売の駅貼り用ポスターは国会での強行採決の写真が使用されているが、「政治家の顔がはっきりしなければ」との条件付きで許可された。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. I LOVE YOU (5'05")
    作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース

SIDE B[編集]

  1. 夜はふたりで (4'04")
    作詞:安部光俊鈴木康博、作曲:鈴木康博、編曲:オフコース
    アルバム未収録曲

スタッフ[編集]

カヴァー[編集]

I LOVE YOU[編集]

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 生産番号
EVE I Love You.[注 5] 1991年8月23日 CD:SRCL-2128
米倉利紀 21世紀への贈りもの 1999年11月10日 CD:WPCV-10044
小林香織 LUV SAX 2009年12月16日 CD:VICJ-61614
DG-10(今井麻美長谷川明子又吉愛 LOVE SYNTHESIZER! 2009年9月18日 CD:VGCD-0172

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SELECTION 1978-811981年9月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90106
  2. ^ I LOVE YOU1982年7月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90180
  3. ^ キラキラ2002年2月27日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE CD:FHCL-5004
  4. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  5. ^ 英語詞(英語作詞:姫野真也

出典[編集]

  1. ^ 小貫信昭 『YES-NO 小田和正ヒストリー』 株式会社角川書店1998年、113-146頁。ISBN 4-04-883529-7
  2. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).

外部リンク[編集]