多賀谷三経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
多賀谷 三経
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正6年(1578年
死没 慶長12年7月21日1607年9月12日
改名 虎千代(幼名)→光経→三経
官位 左近大夫
主君 結城秀康松平忠直
福井藩
氏族 桓武平氏野与党多賀谷氏
父母 父:多賀谷重経
兄弟 三経忠経茂光菅谷経晃
大寿院佐竹義宣継室)、珪台院多賀谷宣家正室)
泰経

多賀谷 三経(たがや みつつね)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将越前北ノ荘藩主・結城氏の家臣。父は下妻城城主・多賀谷重経。幼名は虎千代。初名は光経(読み同じ)であったが、後に烏帽子親となった石田三成から1字を与えられて改名した。

生涯[編集]

多賀谷氏は結城氏佐竹氏に両属する形で勢力を保っていたが、天正18年(1590年)の小田原征伐の後、天下人となった豊臣秀吉の命令により、結城氏を相続した結城秀康に従うこととなる。これに不満を抱いた父が佐竹氏と結んで離反するに至る。その後の調整で三経は支城の太田城を与えられて分知。父の後継には佐竹義重の子・多賀谷宣家養子として入り、三経は事実上多賀谷家から追放された。

主君・秀康は互いに父親の愛情薄い三経の身の上を案じて御普請与頭に任じて重く用いた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは秀康に従い、上杉家の抑えとして活動。上杉景勝の南下を防いだ功により、秀康は越前に加増転封される。三経も秀康に従って越前国柿原(現福井県あわら市柿原)で3万2,000石を領し、加賀前田家や丹羽家の動きを監視する重要な地を任されることとなった。家臣団は200名ほどであり、僅かな期間の統治ではあったが、館を構えて城下町を形成し、領内に溜池をいくつも作り、農作の安定を図ったと伝わる。知行地の館とは別に、秀康の本城である北の庄城(福井城)の城下、郭内の重要な場所に、かなりの大きさの屋敷を与えられている。

、慶長12年(1607年)に主君・秀康が病死すると、3ヶ月後の7月21日、その後を追うかのように病死した。30歳。


墓所[編集]

戒名は「黔宗祥堅居士」。

多賀谷三経の墓(福井県あわら市柿原)

火葬して埋葬されたと伝わる墓所は旧領地である柿原に存在する。石廟が存在したが、昭和23年の福井大地震で倒壊した。昭和63年から本格的な調査と復元が行われ、平成3年に復元が完了した。この際、地下から骨壺が発見され、富山医科薬科大学の調査で三経のものと同定された。菩提寺の専教寺で法要が行われ、再度埋葬された。

関連項目[編集]