多賀神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多賀神社(たがじんじゃ)は、イザナギノミコト(伊弉諾尊)とイザナミノミコト(伊弉冉尊)を祀る神社。全国に二百数十社ある。総本社は、滋賀県犬上郡多賀町にある多賀大社

イザナギ・イザナミは日本神話の最初に出てくる神である。その神徳は幅広い。商売繁盛、家内安全、厄除け、無病息災、夫婦円満など。

本来のご祭神は久那止神(クナド大神)、幸姫命、サルタヒコの三神であった。 父神、母神、子神の三神信仰であった。 久那止神はイザナギに、幸姫命はイザナミに替えられ、サルタヒコは摂社された。 以前は出雲神族クナド族の車戸氏が禰宜を努めていた。各地の車戸神社のご祭神はクナド大神である。

宮城県多賀城市の多賀神社は国司や開拓移民が崇敬していた江川多賀神社(現在滋賀県多賀大社)を遷祀した。  ご祭神は久那止神。滋賀県の多賀大社のご祭神が元は久那止神(クナド大神)だった事の証拠。

【延喜式神名帳】多賀神社 陸奥国 宮城郡鎮座    (旧地)多賀神社【旧地】    【現社名】多賀神社    【祭神】経津主神 武甕槌神 (配祀)天照皇大神 久那止神 菅原道真

全国の多賀神社[編集]

北海道
東北
関東
甲信越静
東海
四国
中国地方
九州

脚注[編集]

関連項目[編集]