多賀一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多賀 一郎(たが いちろう、1955年 - )は、日本教育者、元小学校教諭。兵庫県神戸市出身[1]神戸大学附属住吉小学校甲南小学校に教諭として勤務[2]。在職中に、西日本私立小学校連盟国語部代表委員、日本私立小学校連盟国語部全国委員長などを歴任[3]。国語教育の著書がある。

略歴[編集]

活動[編集]

  • 教育の達人セミナーを関西で主催
  • 国語研究グループ東風の会所属
  • 全国で講演(兵庫・大阪・東京・京都・福井・和歌山・山口・新潟・富山・仙台・神奈川・奈良など)

著書[編集]

  • 『教育の達人シリーズ 1 子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』 黎明書房、2010年、ISBN 4654002715
  • 『全員を聞く子どもにする教室の作り方』 黎明書房、2012年、ISBN 4654018735
  • 『今どきの子どもはこう受け止めるんやで』 黎明書房、2012年、ISBN 4654018816

共著[編集]

  • 中村健一、多賀一郎 『教室で家庭でめっちゃ楽しく学べる国語のネタ63』 黎明書房、2012年、ISBN 4654003215

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. 多賀一郎. 2012年7月23日閲覧。:このプロフィールのページには記載はないが、サイトの作成者が多賀一郎であることは、「多賀教師塾」のページに連絡先として明記されている。
  2. ^ セミナー”. 多賀一郎. 2012年7月23日閲覧。
  3. ^ 多賀一郎”. koens.net. 2012年7月23日閲覧。
  4. ^ http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/tagajuku/

外部リンク[編集]