多目的室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多目的室(たもくてきしつ)とは、様々な用途で利用できる部屋のことである。

新幹線の多目的室[編集]

新幹線の多目的室は、身体の不自由な人や歩行が困難な人が、優先的に利用できる個室である。原則として全車両に設置されており、大人1人が横になれる程度の簡易ベッドを兼ねた座席が備え付けられている[1]。通常は施錠されており、車両によっては介護者用の椅子も備え付けられている[2]

学校の多目的室[編集]

学校の多目的室は、普通教室や特別教室では行うことが困難な学習を実施するための教室である[3]。例えば、天井が開いたり、暗幕を閉じることでDVDを見たりすることができる学校もある[4]

多目的トイレ[編集]

ユニバーサルデザインの考え方に従い、多機能化して多くの設備が設置されているトイレのこと。おむつ換えシートやベビーチェアオストメイト対応設備、高齢者や妊婦のためのベンチやベッド等が設置されている[5]

一般的には、車椅子を利用する人やベビーカーを押している人が使用するものと認知されているため、トランスジェンダーの人などが使いやすい「オールジェンダートイレ」とは別々のものであることが推奨されている[6]

国土交通省は2021年2月「建築物のバリアフリー設計方針」を改定し、施設管理者に対して「多目的トイレ」の名称を「バリアフリートイレ」に改め、「多目的」「誰でも」等の設備が必要ない利用者の利用を促す名称を避けるよう、通達を行った。新型コロナウイルス感染拡大などの情勢もあわせて鑑み「多目的トイレ」の用途についての社会的な議論が喚起され、必要に迫られて施設の利用を必要としていた人々が本来の目的外の使用によって利用の機会が制限されていた状況が、改善されることになった[7][8][9]

多目的ホール[編集]

多目的室を題材とした楽曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小さなお子様連れのお客様へのサービス”. JRおでかけネット. JR西日本. 2021年2月6日閲覧。
  2. ^ 家族に嬉しい!個室に代わる新幹線の便利な設備を詳しく解説★”. Tripa. 日本旅行 (2019年5月10日). 2021年2月6日閲覧。
  3. ^ 中学校内の施設・設備/その他”. スタディピア. 東建コーポレーション. 2021年2月6日閲覧。
  4. ^ 多目的室”. 東京大学教育学部附属中等教育学校. 2021年2月6日閲覧。
  5. ^ 多目的トイレのマナーを知ってね!”. ユニバーサルデザイン・バリアフリーぷらざ 〈ゆびぷら〉. 静岡市役所 福祉総務課. 2021年2月6日閲覧。
  6. ^ トランスジェンダーの7割強がオールジェンダートイレの利用を希望、TOTOが調査”. アウト・ジャパン (2019年1月17日). 2021年8月23日閲覧。
  7. ^ “「多目的トイレ」やめて 国交省が指針改定、小規模店基準も”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2021年2月4日). https://www.sanspo.com/article/20210204-5YITXHE2PVMI5AG6DSSKVOGNWY/ 2021年8月23日閲覧。 
  8. ^ “多目的トイレと呼ばないで 不適切利用頻発、指針改正へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年2月9日). https://www.asahi.com/articles/ASP287GVJP25UTIL03P.html 2021年8月23日閲覧。 
  9. ^ 建築物におけるバリアフリーについて”. 国土交通省. 2021年8月23日閲覧。