多田雄幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多田 雄幸(ただ ゆうこう、1930年4月10日-1991年3月8日)はヨットマンアラウンド・アローン(BOCレース)英語版の初代優勝者。

史上初の世界一周単独ヨットレース「アラウンド・アローン」(BOCレース)の クラスII に、手作りのヨット「オケラ五世号」で出場。ノックダウン(横転)、座礁などの数々の苦難に遭遇するが、自力で修理しながら走りつづけ、見事優勝を果たした。レースの様子は自著『オケラ五世優勝す』に詳しい。

トランペットサキソフォンキーボード等の楽器の我流演奏を好み「エンターティナー・ユーコー」の名で呼ばれ、その人づきあいの良さとユニークな性格から、ヨット仲間だけでなく、レース主催者や新聞記者、他の一般人まで、多くの人々から愛された。

ヨットの資金稼ぎは個人タクシーの運転手の仕事で行っていたという珍しいヨット乗り。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1930年(昭和5年)、新潟県長岡市生まれ。

新潟県立長岡中学校時代グライダー部に所属、3級滑空士の資格を得た。3年生の時、志願して予科練に入隊するも、戦争は末期、飛行機も壊滅状態で飛行訓練どころではなかった。終戦後、焼夷弾の不発弾を分解している時にそれが爆発、右手などを負傷。[1]

旧制新潟高等学校に入学。絵画や陶器に親しむ。卒業後、実家の商売を手伝って衣類の行商を行う。上京し、世田谷交通のタクシー運転手を経て個人タクシー運転手となる。二科展へ絵画を出展し入賞。

ヨットマンへの道[編集]

1966年、ディンギー Y-15を購入し、佐島マリーナに陸置する。ディンギーを購入したのは10回も見た『真夏の夜のジャズ』というジャズコンサート実況映画のイメージ映像として登場したヨットに見惚れたためだという。船名をブルーモンクと命名する(自著 p.10-11)。

1969年(昭和44年)、一杯飲み屋で偶然隣に座った真道恒平からクルーザー自作の話を聞き、その足で作業場へと行く。建造中の23フィートのクルーザーと斉藤茂夫に対面。同クルーザーの建造に合流。建造で無一文になったと言う意味で船名をオケラ1世と名付ける。オケラ1世号を油壺の隣の諸磯湾に繋留。仲間と大島などへのクルージングを経験。

オケラ五世以前[編集]

1970年(昭和45年)、オケラ1世号にて仲間とともに相模湾クラスVレースに毎月出場。

1972年(昭和47年)、三浦市南下浦金田福寿寺杉山滴水和尚の好意で境内にてオケラ二世号(FRP31フィート)を斉藤ほか数人の仲間と自作。小笠原までのクルージングを経験。

1973年(昭和48年)、城ヶ島が眼の前に見える宮川漁港の空地を借り、オケラ三世号(FRP30フィート)を斉藤ほか数人の仲間と自作。

1975年(昭和50年)、サンフランシスコから沖縄までの単独ヨットレースに参加することを決意。オケラ三世号をレースに使う許しを仲間から得て、単独でサンフランシスコまで回航。ヨットレース本番ではサンフランシスコから沖縄の海洋博会場沖まで52日でゴール、第4位。アマチュア無線仲間によるオケラ三世号および参加レース艇のサポート通信が行われた(オケラネットの始まり)。

1977年(昭和52年)、油壺ヨットハーバーにて西堀栄三郎(日本山岳会会長・第1次南極越冬隊長)に会い、植村直己の犬ぞり単独行計画を聞く。植村直己への協力を開始。

1978年(昭和53年)、植村直己北極点犬ぞり単独行グリーンランド犬ぞり単独行のサポート隊員を務める。

その後 シングルハンド世界一周レースの誘いを受け、オケラ五世の建造を決意。

オケラ五世[編集]

1980年12月、三浦市雨崎にて オケラ五世の建造に着手。斉藤茂夫の設計&自作。何度も行き詰まるも、多くの仲間の協力や励ましを得て、1年がかりで完成。西堀栄三郎の紹介で光電製作所などから資金協力を受ける。

1982年(昭和57年)、小笠原までオケラ五世の試験航海。5月中旬から4ヶ月弱かけ、パナマ運河を経由してアメリカ合衆国ニューポートまで回航。[2]

1982年(昭和57年)8月28日~ 1983年(昭和58年)5月17日、第一回アラウンド・アローン(BOCレース)に参加。クラスII優勝。

1985年(昭和60年)8月、『オケラ五世優勝す』を出版。

第三回BOCレースに参加することを決意。スポンサーが付くことになる。メインスポンサーは光電製作所。前回とは異なり、お金に余裕をもってヨットを建造できることになった。清水港で自作建造。完成したヨットは「KODEN・OKERA VIII」と名づけられた。[3]

自殺[編集]

1990年 第三回BOCレースに参加。前回同様にアメリカ合衆国ニューポートまで回航。予定通りニューポートからスタートし、最初の寄港地ケープタウンにも無事入港。出迎えの人々にサックスを吹いて聞かせた(しかし2010年5月17日放送のNHK「こころの遺伝子」のゲストだった弟子の白石によれば、その当時、多田は吹きたくなかったと言っていたという)。同港を出発後、速度を増すために小さくしたキールのせいもあり、寒さ厳しい南氷洋で船が何度も横転した。その時、無線機・電子機器・CDプレーヤなどを破損。大好きな音楽も聴けなくなる。シドニーへの寄航は6艇中5位、前回の好成績から高まった周囲の期待に相当な重圧を感じていた多田は憔悴していたという。シドニーでレースを棄権した後、1991年3月8日、滞在先のシドニーのホテルで自殺した(60歳)[4][5]

多田雄幸とオケラ仲間が夢を語った福寿寺(三浦市南下浦金田)の境内へ、西堀栄三郎植村直己多田雄幸3人の友情を記した顕彰碑が建造された。

交流[編集]

  • 油壺ボートサービス(福留清彦)へ愛艇ヨット「ヤルンカン」の整備に来ていた西堀栄三郎との知遇を得る。西堀栄三郎から「植村直己のグリーンランド縦断時に犬ソリへ帆を張ってみよう,帆の操作を植村へ教えよ」と要請される。これを期に冒険家の植村直己の親交が始まる。北極点犬ぞり単独行,続く グリーンランド単独行の際にカナダのベースキャンプから1年近くの間、植村をサポートした。
  • 西堀栄三郎の知人(海軍技術研究所時代の伊藤庸二大佐)が戦後に設立した光電製作所(伊藤良昌)から協力をえた。
  • 26歳で史上最年少単独無寄港世界1周の記録を持つヨットマンの白石康次郎は多田の弟子である。弟子入りした当時、白石は高校生であった。「ヨットの世界一周レースが始まって、日本人の多田雄幸さんが優勝したというニュース! もう、こりゃ、弟子にしてもらおうと、東京駅まで行って電話帳で番号調べて家に押しかけました」と白石はインタビューで語っている。

人柄[編集]

  • 白石康次郎のコメント。
「多田さんは人生を楽しむ達人」
「陸では流しのタクシー運転手、海ではひとりアルトサックスを吹く。芸術を愛し、寅さんと長島茂雄さんを合わせたような天性の自由人で、ヨットの師匠というより毎日をトコトン楽しむ“人生の師匠”でした」
  • 植村直己のコメント。
「多田さんは心を許せる友達、というか、何事につけても私の良きアドバイザーです。ノラリくらりとした感じの人なんですけれど、シンはちゃんとしっかりしていますね。南極に私がいたとき、航海中の多田さんと無線で交信したんですけど、ビンソンマシフ峰登山を断念し、どん底にいた私に『南極が逃げるわけじゃなし気にするんじゃない。こんどはヨットでいっしょに行こう』って、気持ちを柔らげてくれました。厳しい体験をしても、それをあまり表面に出さない人です」

第一回アラウンド・アローン(BOCレース)優勝時のデータ[編集]

航行距離は10万キロに及ぶ。その航跡については自著に図が掲載されている。

出来事[編集]

オケラ五世号 データ[編集]

  • 全長:13.20m
  • 幅:3.95m
  • マストの高さ:14m
  • ドラフト(吃水下):2.30m
  • 重量:6.00トン
  • 斉藤茂夫設計。斉藤を中心に多数のヨット仲間の協力で完成。

参考文献[編集]

  • 多田雄幸『オケラ五世優勝す 世界一周単独ヨットレース航海記』文藝春秋、1985年、ISBN 978-4167482015 / 文庫 ISBN 978-4163399607
  • 白石康次郎『冒険者』宝島社 2003年、ISBN 4-7966-3654-4
  • 植村直己『植村直己の冒険学校』文芸春秋 1994年 ISBN 4-16-811404-X
  • 東京新聞記事 1975年8月23日(土) 『46日でシスコ着 日本新の快挙』と報道

出典 脚注[編集]

  1. ^ 『オケラ五世優勝す』p.60-61
  2. ^ 同著 p.32-45
  3. ^ 白石康次郎『冒険者』p.63-64
  4. ^ 白石康次郎 同著p.64-65
  5. ^ 先に日本に帰国していた弟子の白石康次郎が、シドニーに戻り、葬儀の段取りを行い、遺骨を日本に持ち帰った。

関連項目[編集]