多田素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多田 素(ただ しろし、1865年 - 1941年)は日本の牧師。植村正久の弟子で大正時代に日本基督教会の指導者の一人だった。

生涯[編集]

明治学院神学部を卒業して、1888年植村正久より派遣されて、高知教会の牧師になる。日本基督教会の中でも屈指の教会に成長する。その教会から坂本直寛片岡健吉などが出る。ウェストミンスター信仰告白を日本語に翻訳する。 1927年、日本基督教会の伝道者田中剛二を副牧師に招く。1940年まで田中は多田とともに働く。

金城学園の初代理事長になる。

著書[編集]

  • 『牧会百話』