多治見国長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
多治見国長
時代 鎌倉時代末期
生誕 正応2年(1289年
死没 元亨4年9月19日1324年10月7日
別名 四郎次郎(通称)、饗庭国長
官位 蔵人左衛門尉、贈正四位
幕府 鎌倉幕府六波羅探題
氏族 土岐氏饗庭氏
父母 父:饗庭国澄(国純)[1]、母:不詳
兄弟 饗庭国成、多治見国長
不詳
不詳
テンプレートを表示

多治見 国長(たじみ くになが)は、鎌倉時代末期の武将

多治見国長邸宅跡(岐阜県多治見市)

概要[編集]

国長は土岐氏美濃源氏)の流れを汲む饗庭氏一門で、美濃国土岐郡多治見郷(現・岐阜県多治見市)を本拠としていた。

惣領家の土岐頼貞の子の頼兼、一族の頼員(舟木頼春)、足助氏の当主の足助貞親(加茂重成)らとともに後醍醐天皇による鎌倉幕府打倒計画に参加し、日野資朝の招きにより1324年京都に入った。

しかし、頼員がその計画を六波羅探題の奉行の斎藤利行の娘である妻に漏らしてしまったことから事前に露見し、六波羅探題の配下である小串範行によって夜中に急襲を受ける。『太平記』巻一「頼員回忠事」によれば、無礼講による終夜の酒に酔っていたが、この急襲の声に驚いて慌て騒いだ。無防備であったが、共に寝ていた物馴れた遊女の機転によりを身につけ、寝入っている者を起こすことができたという。国長は頼兼とともに少数の手勢を率いて奮戦したが、最終的には館の裏手を突破されたことから観念し、一族郎党とともに自害して果てた(正中の変)。

1905年11月18日、正四位を追贈された[2]

国長は地元の多治見市で現在でも人気があり、「多治見まつり」の際に行われる武者行列の中でも、主役の扱いを受けている。また同市内には国長の邸宅跡があり、県の史跡に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈』には土岐光行の次男・饗庭光俊の後裔に国純(国澄)、国長父子の名がある。
  2. ^ 『濃飛偉人伝』(岐阜県教育会、1933年)53頁

関連項目[編集]