多木浜洋館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多木浜洋館
Takihama Western House 02.JPG
外観
情報
用途 迎賓館
建築主 多木久米次郎
構造形式 木造、一部煉瓦積
階数 地上4階
着工 1918年
竣工 1933年
所在地 675-0122
兵庫県加古川市別府町別府
座標 北緯34度43分20.75秒 東経134度50分47.37秒 / 北緯34.7224306度 東経134.8464917度 / 34.7224306; 134.8464917座標: 北緯34度43分20.75秒 東経134度50分47.37秒 / 北緯34.7224306度 東経134.8464917度 / 34.7224306; 134.8464917
文化財 主屋、石造門、煉瓦塀、記念碑(国の登録有形文化財)
指定・登録等日 2002年8月21日
備考 別名:あかがね御殿
テンプレートを表示

多木浜洋館(たきはまようかん)は兵庫県加古川市にある西洋館である。1933年に竣工した。国の登録有形文化財

概要[編集]

加古川市に本社を構える多木化学の創業者である多木久米次郎が迎賓館として別府川河口に面する現在地に15年の歳月をかけて建築したもの。 屋根および外壁全面が銅板葺という特徴から「あかがね御殿」と呼ばれている。 当時まだ珍しかった4階建ての邸宅建築で、内部は大理石敷、壁面赤塗、彩色彫刻やステンドグラスなどの華麗な装飾がなされている。

建築データ[編集]

側面外観
玄関上部のステンドグラス
  • 設計 - 不詳
  • 起工 - 1918年
  • 竣工 - 1933年
  • 構造 - 木造、地上4階建、1階一部煉瓦積
  • 所在地 - 〒675-0122 兵庫県加古川市別府町別府
  • 備考 - 国の登録有形文化財(主屋、石造門、煉瓦塀、記念碑)

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]