多摩川トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多摩川トンネル(専用部)
Syutokosoku lineB Tamagawa Tunnel Ukisima-guchi.JPG
多摩川トンネル(専用部・川崎浮島側坑口)
概要
位置 神奈川県東京都
座標 北緯35度31分30.9秒 東経139度47分37.2秒 / 北緯35.525250度 東経139.793667度 / 35.525250; 139.793667
現況 供用中
所属路線名 Shuto Urban Expwy Sign B.svg 湾岸線
起点 神奈川県川崎市川崎区
終点 東京都大田区
運用
開通 1994年(平成6年)12月
所有 首都高速道路
通行対象 自動車
技術情報
全長 2170m[1]
道路車線数 (西行き)3車線
(東行き)3車線
設計速度 --km/h
テンプレートを表示
首都高速B号標識

多摩川トンネル(たまがわトンネル)は、東京都大田区羽田空港神奈川県川崎市川崎区浮島町を結ぶ道路トンネル。専用部(首都高速湾岸線)が1994年に開通しており、一般部(国道357号)は2015年度内に事業着手することになっていたが[2]2016年2月24日に事業着手と現地地質調査の発表がなされた[3][4]

概要[編集]

多摩川の下を通る水底トンネルであるため、湾岸線を通行する危険物積載車両は近接する水底トンネルも含め 東扇島出入口 - 有明ジャンクション間の通行が禁止されている[5]

専用部の両脇を挟むように一般部が通る。[6]

専用部(首都高速湾岸線)[編集]

一般部(国道357号[編集]


歴史[編集]

[編集]

首都高速湾岸線
川崎浮島JCT/(B12,B13)浮島出入口/湾岸浮島TB - 多摩川トンネル - (B14)湾岸環八出入口

脚注[編集]

  1. ^ 主要な水底トンネル等の危険物積載車両の通行規制状況 (PDF) - 独立行政法人 日本高速道路保有・債務返還機構 第3回 水底トンネル等における危険物積載車両の通行の禁止又は制限に関する審議会(2016年2月17日閲覧)
  2. ^ 羽田空港周辺・京浜臨海部の連携強化の取組について(案) (PDF)”. 内閣府地方創生推進室 第2回 羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会 (2015年5月8日). 2016年2月17日閲覧。
  3. ^ a b 国道357号 東京湾岸道路 「多摩川トンネル」事業に着手します ~現地地質調査のお知らせ~ (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 川崎国道事務所 (2016年2月24日). 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 国道357号 東京湾岸道路 「多摩川トンネル」事業に着手します ~現地地質調査のお知らせ~ (HTML)”. 国土交通省 関東地方整備局 (2016年2月24日). 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ 水底トンネル等における危険物積載車両の通行の禁止または制限について (HTML)”. 独立行政法人 日本高速道路保有・債務返還機構 (2017年3月21日). 2017年5月29日閲覧。
  6. ^ 大田区報 NO.1404 (PDF)”. 大田区 (2015年1月11日). 2017年5月29日閲覧。
  7. ^ 羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会 (HTML)”. 内閣府 地方創生推進事務局. 2017年5月29日閲覧。

座標: 北緯35度31分40秒 東経139度47分38秒 / 北緯35.527662度 東経139.794023度 / 35.527662; 139.794023