多岐篤司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多岐 篤司
基本情報
出身地 日本の旗 日本兵庫県西宮市
生年月日 (1968-05-25) 1968年5月25日(51歳)
身長
体重
183 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト4位
初出場 1988年9月17日
最終出場 1993年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

多岐 篤司(たぎ あつし、1968年5月25日 - )は、島根県生まれ[1]兵庫県西宮市出身[1]の元プロ野球選手投手)。左投左打。

来歴・人物[編集]

兵庫・神戸弘陵高校から1986年ドラフト4位で阪神タイガース入団。1988年はアメリカ1A・フレズノ・サンズに野球留学し、同年に1軍デビュー。

当初は本格派投手であったが投法をサイドスローに変え技巧派に転身。左腕中継ぎ要員として期待されるが、ヒジの故障に悩まされ1995年に現役引退。武器はカーブ、チェンジアップ。

現在は妻の家業である尼崎市公設地方卸売市場「浜光水産」の社長[1]。また、阪神の後輩の赤星憲広が主宰する少年野球クラブ「RED STAR Baseball Club」の投手コーチも務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
1990 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 0.1 2 1 0 0 0 0 0 0 2 2 54.00 6.00
1993 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 5.0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.80
通算:3年 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 23 5.2 4 1 2 0 0 1 0 0 2 2 3.18 1.06

記録[編集]

  • 初登板 1988年9月17日広島戦(甲子園)6-9 8回2死から長内へのワンポイントとして8番手登板、1/3回無失点

背番号[編集]

  • 54(1987年 - 1995年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]