多剤耐性肺結核

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多剤耐性肺結核(たざいたいせいはいけっかく、MDR)は、肺結核のうち、治療として使われる抗生物質イソニアジドリファンピシンなどに抵抗性になった状態をいう。原因は治療薬の不適切な乱用が一因である。不適切な飲み方で長期に内服していたために、生き残った菌が徐々に耐性を獲得していく。それに加えてフルオロキノロンと注射二次薬(カプレオマイシン、アミカシン、カナマイシン)の少なくとも一つに耐性を持つ結核菌を超多剤耐性結核菌又は広範囲薬剤耐性結核菌(XDR-TB)という[1]。こうなると効く薬が全くないと言われ、結核薬で肺結核が治せなくなる。

関連項目[編集]

  1. ^ 新結核用語事典・超多剤耐性結核”. 結核研究所ホームページ委員会. 2015年8月30日閲覧。