外村南都子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外村 南都子(とのむら なつこ、1935年 - )は、国文学者白百合女子大学名誉教授。

1963年東京大学国文科卒、1969年同大学院博士課程単位取得満期退学。1968年東大医学部付属看護学校(国語)非常勤講師、1971年白百合女子大学文学部国文学科専任講師、1973年助教授、1980年教授、1985年、1994年の二回、日本歌謡学会志田延義賞受賞、1991年「早歌の創造と展開」で東大文学博士、2010年定年退任。

中世歌謡、特に早歌を専門とする。

著書[編集]

共著・校註など[編集]

  • 歌謡集 ほるぷ出版 1986.9 (日本の文学)
  • 完訳日本の古典 第34巻 梁塵秘抄 新間進一と校注・訳 小学館 1988.1
  • 早歌全詞集 外村久江と校註 三弥井書店 1993.4 (中世の文学)
  • 新編日本古典文学全集 48 信生法師日記 春の深山路 校註・訳 小学館 1994.7
  • 新編日本古典文学全集 42 梁塵秘抄 新間進一と校注・訳 小学館 2000.12