外国語教育メディア学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

外国語教育メディア学会(英文名称:The Japan Association for Language Education & Technology, LET)は、外国語教育を中心とする言語教育の理論および方法と、それに利用する教育メディアの研究をおこない、その分野の発展に寄与するとともに、会員相互の情報交換をおこなうことを目的として1961年(昭和36年)に創立された学術団体。略称はLET, Let((レット、エルイーティー)。旧名称は語学ラボラトリー学会 (The Language Laboratory Association of Japan, LLA)で、2000年に現在名称へ変更。 2012年3月末時点の会員は約1,500名。2012年現在の会長は竹内理

機関誌 Language Education & Technology (旧名称は Language Laboratory ) を毎年刊行しているほか、全国規模の年次研究大会、不定期でFLEAT 国際研究大会(米国のIALLTと共催)や WorldCALL (EUROCALL, CALICO, IALLT, ATELL, CERCLES, CCALLと共催) を開催している。また支部活動も盛んで、支部ごとの紀要も発刊されている。その他、研究業績や教材開発に対して LET賞を与えている。

沿革[編集]

  • 1961年 - 創立、初代会長は中島文雄
  • 1961年 - 関西支部(9月16日)、関東支部(11月25日)をそれぞれ設置
  • 1970年 - 九州支部(現在の名称は九州・沖縄支部)を設置
  • 1972年 - 中部支部を設置
  • 1981年 - 国際研究大会 Foreign Language Education and Technology (FLEAT) I を東京で開催
  • 1985年 - 第13期学術会議に会員を選出
  • 1992年 - 国際研究大会 Foreign Language Education and Technology (FLEAT) III を名古屋で開催
  • 1990年 - 創立30周年記念大会を神戸で開催
  • 1997年 - 国際研究大会 Foreign Language Education and Technology (FLEAT) IV をカナダ・ビクトリアで開催
  • 2000年 - 学会名称を語学ラボラトリー学会 (LLA) から外国語教育メディア学会 (LET) へ改称
  • 2000年 - 創立40周年記念国際研究大会 Foreign Language Education and Technology (FLEAT) IV を神戸で開催
  • 2005年 - 国際研究大会 Foreign Language Education and Technology (FLEAT) V をアメリカ・ソルトレークで開催
  • 2008年 - 国際研究大会 WorldCALL 2009 を福岡で開催
  • 2010年 - 創立50周年記念大会(全国大会通算第50回)を横浜で開催

機関誌[編集]

  • Language Education & Technology(2012年現在で49号。38号までは Language Laboratory がタイトル)CiNii で本文検索可能
  • LET 通信 (Newsletter) (2012年現在で93号)
  • LETメールマガジン(2012年現在で89号)

歴代会長[編集]

加盟団体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『外国語教育メディア学会50年の歩みーLLAからLET そして未来へ』(ISBN 978-4-7647-1105-1) 金星堂
  • LL歴史資料館(関西外国語大学内)