外ヶ濱浪五郎 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外ヶ濱 浪五郎(そとがはま なみごろう、1819年文政2年〉 - 1863年9月7日文久3年7月25日〉)は、柏戸部屋及び伊勢ノ海部屋に所属した元力士[1]春日山 鹿右エ門四股名でも有名である。

本名は小池 兵吉と伝わっているが詳細は不明[1]越後国頸城郡(現在の新潟県上越市〈旧・中頸城郡〉)出身[1]。身長・体重とも不明。

最高位は東前頭3枚目。

1843年1月場所で初土俵(新序)を踏んだ。1850年11月場所で西十両7枚目(十枚目格)に昇進。非常にゆっくりとした昇進で、新入幕を果たしたのは入幕から16年・新十両から8年余り経った1859年1月場所だった。勝率は5割に満たない水準で推移したが、闘志に溢れる容貌で土俵を沸かせた。1862年3月場所で9代春日山を襲名し二枚鑑札となったが、それから1年半後の1863年9月7日に現役中のまま死去。45歳没。

幕内通算 9場所 20勝28敗8分31休の成績を残した(うち10休は死後に番付が残された事による物である。尚、死後に載った東前頭3枚目が自身の最高位である)[1]

改名歴は2回ある:嶽ノ越 浪五郎→外ヶ濱 浪五郎→春日山 鹿右エ門[1]

出典[編集]

関連項目[編集]