外ヶ濱信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外ヶ濱 信行(そとがはま のぶゆき、1968年7月8日 - )は、岩手県二戸市出身の元大相撲力士。伊勢ノ海部屋所属。本名は欠端信行(かけはた のぶゆき)。身長182cm、体重130kg。最高位は西幕下10枚目(1990年7月場所)。

来歴[編集]

1968年、岩手県二戸郡福岡町(現・二戸市)に生まれた。ロッテオリオンズ横浜大洋ホエールズで投手としてプレーした欠端光則を兄に持つ。

1984年に伊勢ノ海部屋に入門。本名の「欠端」の四股名で同年5月場所に初土俵を踏んだ。当時現役プロ野球選手だった兄・光則の実弟であることから、各スポーツ新聞の星取表の「幕下以下の注目力士」の欄でしばしば「大洋欠端投手の弟」として採り上げられ、注目を集めた。入門から約4年で幕下に昇進し、一時は十両昇進も狙える地位まで番付を上げた事もあったが、故障などから幕下中~下位と三段目上位の往復を続け苦戦するなど、次第に勢いに陰りが出始めた。その間、四股名は「欠端」→「花ノ力」→「欠端」→「外ヶ濱」と変わり、また1994年の兄・光則の現役引退等もあってか、マスコミ・角界関係者・地元後援者等の間での注目や期待の度合も年を追うごとに薄まり、1998年11月場所終了後に引退を表明。そして1999年1月場所を最後に彼の名は番付から消えることとなった。

引退後は、東京都江戸川区内でラーメン店の店長を勤めたが、現在その店舗は既に閉店されている。

戦績[編集]

生涯成績307勝281敗28休(89場所)

略歴[編集]

  • 1984年5月場所 初土俵
  • 1984年7月場所 序ノ口初昇進
  • 1984年9月場所 序二段初昇進
  • 1986年3月場所 三段目初昇進
  • 1988年7月場所 幕下初昇進
  • 1990年7月場所 自己最高位の幕下10枚目
  • 1999年1月場所 引退

改名歴[編集]

  • 欠端 信行(かけはた のぶゆき)1984年5月場所~1990年9月場所
  • 花ノ力 信行(はなのりき のぶゆき)1990年11月場所~1991年7月場所
  • 欠端 信行(かけはた のぶゆき)1991年9月場所~1994年3月場所
  • 外ヶ濱 信行(そとがはま のぶゆき)1994年5月場所~1999年1月場所

関連項目[編集]