夕なぎ (1972年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夕なぎ
César et Rosalie
監督 クロード・ソーテ
脚本 クロード・ソーテ
ジャン=ルー・ダバディ
クロード・ネロン
製作 ミシェル・ド・ブロカ
製作総指揮 ヴィリ・ベニンガー
出演者 イヴ・モンタン
ロミー・シュナイダー
音楽 フィリップ・サルド
撮影 ジャン・ボフェティ
編集 ジャクリーヌ・ティエド
配給 フランスの旗西ドイツの旗 CIC
日本の旗 東宝東和
公開 フランスの旗 1972年10月27日
西ドイツの旗 1972年12月21日
日本の旗 1976年2月
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

夕なぎ』(ゆうなぎ、原題・フランス語: César et Rosalie)は、1972年に製作・公開されたフランスイタリア西ドイツの合作映画である。クロード・ソーテが監督(脚本も)、イヴ・モンタンロミー・シュナイダーが主演した。

キャスト[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

  • 監督:クロード・ソーテ
  • 製作総指揮:ヴィリ・ベニンガー
  • 製作:ミシェル・ド・ブロカ
  • 脚本:クロード・ソーテ、ジャン=ルー・ダバディ、クロード・ネロン
  • 音楽:フィリップ・サルド
  • 撮影:ジャン・ボフェティ
  • 編集:ジャクリーヌ・ティエド
  • 美術:ピエール・ギュフロワ
  • 衣裳:アンナリーザ・ナサッリ=ロッカ

ストーリー[ソースを編集]

ロザリーは30代半ばの通訳者で、夫と離婚後は幼い娘カトリーヌを一人で育てていたが、ある時出会ったセザールと恋に落ち、アパルトマンで半同棲を始める。セザールは金属解体業を営むバイタリティあふれる中年男で、ロザリーに夢中であった。彼女のほうも、やや直情径行だが陽気な彼に魅力を感じていた。

春の休日、ロザリーの母リュシーの3度目の結婚パーティーが行われ、親族や友人たちが集まった。そこには、バンド・デシネ作家のダヴィッドも招待されていた。穏やかで繊細な性質の彼とロザリーはかつて深い仲だった。少なからず動揺するロザリーだったが、無視するわけにもいかず声をかける。たちまち親密な空気を取り戻す2人だったが、その様子をセザールは離れた席から眺めていた。 その日から、ロザリー、セザール、ダヴィッドの間で、恋と嫉妬と友情が入り混じった三角関係が始まった。

映画賞受賞[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]