夏見城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
夏見城
千葉県
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 夏見政芳
廃城年 不明
遺構 曲輪土塁
指定文化財 なし

夏見城(なつみじょう)は現在の千葉県船橋市夏見にあった中世の日本の城である。

概要[編集]

現在は、長福寺という寺となっている。詳細は不明だが、夏見城は船橋にある城の中で唯一、城主が明らかになっており、永禄の頃(1558~1569)には、夏見政芳が城主であったことが分かっている。政芳は地元の住民を大層慈しみ、大変人々に慕われたという。また、長福寺は政芳によって再興されたと伝わっており、永禄11年(1568年)、夏見城は近隣の豪族に攻められ、奮戦虚しく落城、政芳は一族と共に討死または、抜け穴から逃れ他国に落ちたという言い伝えが残されている。このことが、廃城の原因となったという。

観光[編集]

所在地[編集]

千葉県船橋市夏見6丁目23

関連項目[編集]

外部リンク[編集]