夏生さえり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夏生 さえり(なつお さえり、1990年8月25日 - )は、日本の作家。本名非公開。フリーライター、編集者、プランナーなどの活動を行っている。

山口県出身。青山学院大学文学部心理学科卒。[1]

略歴[編集]

女性から共感を集める恋愛ツイートで注目を集め、多くの若い女性から支持を得ているフリーライター[2]。2019年9月現在 Twitterのフォロワー約14万人、Instagramのフォロワー約2.6万人を超える。

大学卒業後、出版社へ勤務。その後、株式会社LIGでWebメディアの編集を経験し、2016年4月にフリーライターとして独立[3]。2019年からはコンテンツスタジオ・株式会社チョコレイト(CHOCOLATE Inc.)に所属し、プランナー・ストーリーメーカーとしても活動している[4][5]

作家としての活動も始め、著書に「今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問」(大和書房)がある。

2019年1月23日に結婚。[6]

元々「さえり」名義で活動していたが、本の出版にあたり苗字をつけた「夏生さえり」はペンネーム。夏生は「夏生まれだからつけた」と語っている[7]

胸のサイズはBカップ。

著書[編集]

  • 今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)2017年4月20日[8]
  • 口説き文句は決めている(クラーケン) 2017年8月9日[9]
  • やわらかい明日をつくるノート ~想像がふくらむ102の質問(大和書房)2018年5月17日[10]
  • 揺れる心の真ん中で(幻冬舎単行本)2019年9月18日

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ SAERI BLOG” (日本語). saeri.me. 2019年9月16日閲覧。
  2. ^ “さえりさん”の優しいことばに、私たちは今まで幾度の共感をしたのか。” (日本語). repo-shelf(ルポ・シェルフ). 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ 【アノ人の学生時代】ライター・ 夏生さえりさんインタビュー「バイトで楽しく働く大人に出会えたことが自分の生き方に影響を与えた」|”. タウンワークマガジン. 2019年9月16日閲覧。
  4. ^ 「チームでしかできないこともある」フリーランスでいながら会社でも働く選択|夏生さえり” (日本語). Dybe!. 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ 株式会社チョコレイト|CHOCOLATE Inc. : PLANNER”. chocolate-inc.com. 2020年10月29日閲覧。
  6. ^ 結婚しました!|夏生さえり|note” (日本語). note(ノート). 2019年9月16日閲覧。
  7. ^ 書き下ろしの本が発売されます&ペンネームをつけました” (日本語). さえりさん. 2020年10月29日閲覧。
  8. ^ 今日は、自分を甘やかす” (日本語). 出版書誌データベース (2019年3月24日). 2019年9月16日閲覧。
  9. ^ 口説き文句は決めている” (日本語). 出版書誌データベース (2019年3月24日). 2019年9月16日閲覧。
  10. ^ やわらかい明日をつくるノート” (日本語). 出版書誌データベース (2019年3月24日). 2019年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]