夏原平和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏原 平和(なつはら ひらかず、1944年9月15日[1] - 2021年12月20日[2])は、日本の実業家平和堂代表取締役会長[2]日本チェーンストア協会副会長、日本スーパーマーケット協会副会長。

「平和堂」という商号の由来となった人物でもある。

経歴[編集]

滋賀県彦根市出身[2]。のちに平和堂を創業する夏原平次郎の長男として生まれる[2]滋賀県立彦根東高等学校を経て、1968年3月同志社大学法学部卒業。1968年4月平和堂入社。1970年取締役、1975年専務取締役、1983年副社長に就任。1989年に代表取締役社長、2017年に代表取締役会長に就任[2]。この他、平和堂も出資・加盟する日本流通産業の代表取締役社長や、日本チェーンストア協会副会長[3]日本スーパーマーケット協会副会長も務めた[4]

2021年12月20日午前1時19分、肺がんのため死去。77歳没[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “代表取締役会長執行役員の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 平和堂, (2021年12月20日), オリジナルの2021年12月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20211229060543/https://www.heiwado.jp/assets/img/news/2021/pdf/1220_obituary.pdf 2021年12月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “夏原平和氏死去 大手スーパー平和堂会長”. 京都新聞社. (2021年12月20日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/697390 2021年12月20日閲覧。 
  3. ^ 「役員名簿」日本チェーンストア協会
  4. ^ 役員日本スーパーマーケット協会

関連項目[編集]