夏惲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夏ウンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

夏 惲 (か うん、? - ?)は後漢時代末期の宦官。『後漢書』宦者列伝を中心に記録がある。

霊帝の時代、張譲趙忠達12名の宦官が中常侍に任命されたとある。夏惲はその12名の内に名を残しており、いわゆる十常侍の一人として全員が侯に封じられ、一族を各地の地方官に任命させて私腹を肥やした。

黄巾の乱が勃発すると、郎中の張鈞は十常侍を斬って天下に謝罪すべきだと上奏したが、霊帝は逆に十常侍を庇い、張鈞は叱責され、やがて自害に追い込まれた。また、宦官の呂強は、党人を許して宦官の子弟を官から退かせるべきだと主張したが、夏惲は趙忠と共に呂強を謀反の罪で誣告し、霊帝に疑われた呂強が憤死すると、その子弟をも誣告し財産を没収させた。

189年、霊帝が没し、外戚の何氏と董氏とが対立した際に、大将軍何進董太后を弾劾した上奏文において、董太后は故の中常侍の夏惲と封諝とを使って私腹を肥やしていた、とあり、夏惲が董太后とつながりの深い宦官であったことと、189年の時点で既に死去していたことが確認できる。

参考資料[編集]