声王 (楚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
声王
王朝
在位期間 前408年 - 前402年
都城
姓・諱 熊当
諡号 声桓王
没年 紀元前402年
簡王
后妃 曾姫无恤[1]

声王(せいおう、? - 紀元前402年、在位:紀元前408年 - 紀元前402年)は、声桓王[2](せいかんおう)ともいい、中国春秋時代の王。

楚の簡王の子として生まれた。紀元前408年、簡王が死去すると、楚王として即位した[3]

在位4年、休公繻公が来朝した。声王は宋公に命じて楡関に築城させた[4]

声王は在位わずか6年で盗賊に殺され、子の悼王が即位した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「曾姫无恤壺」銘文
  2. ^ 『清華簡』「繋年」22章
  3. ^ a b 『史記』楚世家
  4. ^ 『清華簡』「繋年」23章
先代:
簡王
前408年 - 前402年
次代:
悼王