壊音 KAI-ON (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
壊音 KAI-ON
監督 奥秀太郎
原作 篠原一
出演者 小林愛
宮道佐和子
岡光実和子
片山佳
中坪由起子
山ノ内奈穂子
音楽 大友良英
撮影 奥秀太郎
編集 奥秀太郎
配給 スローラーナー(公開時)
NEGA(現在)
公開 2002年5月11日
上映時間 74分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

壊音 KAI-ON』(かいおん)は2002年5月11日に公開された奥秀太郎監督の日本映画である。

解説[編集]

当時17歳で史上最年少の文學界新人賞を受賞した篠原一の小説をベースに、台詞を廃し音楽と映像で綴られた奥秀太郎初監督作品である。主要な男子中学生の役を少女達が演じている。クライマックスの校舎取り壊しのシーンは実際の取り壊し工事現場に侵入して撮影を行っており、他の多くのシーンもゲリラ撮影である。2002年日雇い刑事と同時期に公開されたが、実際に制作されたのは2000年である。撮影時のトラブルにより途中でキャストが交代している。

あらすじ[編集]

都内の私立中学校に通う三人、タキ、トト、ハジメはドラッグに耽っていた。最初はほんの好奇心から始めたのだったが、やがてそれは彼らの反抗期の複雑な精神状態と相まってエスカレートしていく。 か弱く、ひ弱で、完全にドラッグに溺れてしまったタキ。三人のなかでは最も大人びていて、ドラッグを売りさばいている、一線を踏み越えられない自分との葛藤に苦しむある春の日の授業中、タキが病院へ運ばれてしまう。 タキに付き添って病院に行ったトトとハジメだったが、病院の待ち合い室にいるうちに、彼らの心の中では何かが変化していく…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

出品歴[編集]

2002 SeNef film festival (ソウル) Special Mention受賞
2007 ブエノスアイレス国際映画祭正式出品

外部リンク[編集]