墨谷渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
墨谷渉
誕生 (1972-10-17) 1972年10月17日(46歳)
最終学歴 春日丘高等学校中部大学国際関係学部卒業
主な受賞歴 第31回すばる文学賞
デビュー作 パワー系181
テンプレートを表示

墨谷 渉(すみたに わたる、1972年10月17日[1] - )は、日本小説家愛知県小牧市に生まれる[1]春日丘高等学校中部大学国際関係学部卒業。

2007年、「パワー系181」で第31回すばる文学賞受賞。現在、愛知県一宮市在住。2009年、「潰玉」で第140回芥川賞候補。

東海テレビ社会人フェローの会の講師として講演活動。

著書[編集]

単行本[編集]

単行本未収録小説[編集]

  • ハイオクゥ~(『すばる』2008年8月号)
  • ナイトウ代理(『すばる』2009年4月号)
  • その男、プライスレスにつき(『すばる』2009年10月号)
  • カルテ(『群像』2009年12月号)
  • 地蔵塚(『早稲田文学』3号(2010年2月))
  • きずな(『群像』2010年4月号)
  • 造花の星(『すばる』2016年5月号)
  • 日が沈む朝(『すばる』2017年6月号)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.454

外部リンク[編集]