増田英敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増田 英敏(ますだ ひでとし、1956年 - )は、日本の法学者専修大学教授。租税法学会理事、日本税法学会常務理事、租税法務学会理事長、TKC中央研修所顧問、弁護士。博士(法学)。専門は租税法茨城県出身。

経歴[編集]

  • 1979年- 法政大学経営学部卒業
  • 1983年- 法政大学大学院社会科学研究科修了
  • 1988年- 拓殖大学商学部助手
  • 1989年- 拓殖大学商学部専任講師
  • 1992年- 拓殖大学商学部助教授
  • 1993年- ワシントン州立大学ロースクール客員研究員
  • 1996年- 博士(法学)(慶應義塾大学、学位論文「納税者の権利保護の法理」)
  • 2000年- 拓殖大学商学部教授
  • 2001年- ハワイ州立大学ロースクール客員研究員
  • 2003年- 専修大学法学部教授
  • 2008年- 公益財団法人租税資料館理事
  • 2010年- 弁護士登録(茨城県弁護士会)
  • 2011年- 株式会社電算社外監査役
  • 2013年- 公益財団法人租税資料館評議員

著書[編集]

  • 『納税者の権利保護の法理』(成文堂、1997年)
  • 『租税憲法学』(成文堂、2002年)
  • 『租税行政と納税者の救済』(中央経済社、1997年)共編著
  • 『租税実体法の解釈と適用・2』(中央経済社、2002年)共著
  • 『リーガルマインド租税法』(成文堂、2008年)
  • 『確認租税法用語250』(成文堂、2008年)共編著
  • 『はじめての租税法』(成文堂、2011年)共編著
  • 『基本原理から読み解く租税法入門』(成文堂、2014年)編著
  • 『紛争予防税法学』(TKC出版、2015年)
  • 『公法の理論と体系思考』(信山社、2017年)共編著
  • 『租税法の解釈と適用』(中央経済社、2017年)編著
  • 『租税憲法学の展開』(成文堂、2018年)編著

受賞学術賞[編集]

  • 第1回租税資料館賞(「アメリカの租税行政組織の機構とその機能」他2論文に対して)1991年
  • 第7回租税資料館賞(『納税者の権利保護の法理』に対して)1998年