増田幸弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

増田幸弘(ますだゆきひろ、1963年10月5日-)は、スロヴァキア在住のフリーランスの記者編集者。新聞や雑誌に記事やコラムを寄稿。

東京生まれ、早稲田大学第一文学部卒業。

著書[編集]

単著[編集]

『日本地理おもしろ雑学』、日東書院、2003年
『プラハのシュタイナー学校』、白水社、2010年
『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』、ダイヤモンド社、2013年
『棄国ノススメ』、新評論、2015年
『黒いチェコ』、彩流社、2015年
『岐阜を歩く』、彩流社、2016年
『イマ イキテル 自閉症兄弟の物語――知ろうとするより、感じてほしい』、明石書店、2017年

編著[編集]

『プラハ カフカの生きた街』、パルコ出版、1993年
『メディアの本分 雑な器のためのコンセプトノート』、彩流社、2017年

共著[編集]

『ルポルタージュ よい野菜 全国91産地を歩く』、中西昭雄編、日本経済新聞社、1992年
『世界の古書店』、川成洋編、丸善、1994年
『世界の古書店 II』、川成洋編、丸善、1995年
『バルセロナ散策』、川成洋坂東省次編、行路社、2001年
『不自由な自由 自由な不自由 チェコとスロヴァキアのグラフィック・デザイン』、増田幸弘+集、六耀社、2017年


外部リンク[編集]