増永元也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増永元也

増永 元也(ますなが げんや、1881年明治14年)10月23日[1] - 1956年昭和31年)7月5日)は、日本の官僚政治家衆議院議員

経歴[編集]

福岡県八女郡福島町(現・八女市)に生まれる。福岡県中学修猷館旧制第五高等学校を経て、1906年、東京帝国大学工学部電気工学科を卒業。

卒業後、逓信省鉄道作業局に入省し技師となり、1914年7月、逓信省鉄道作業局の後身である内閣鉄道院より、鉄道に関する電気事業研究のため米国およびドイツに1年間留学。その後、内閣鉄道院の後身である鉄道省の電気局通信課長を経て、鉄道省電気局長に就任。

1937年4月、第20回衆議院議員総選挙で福岡3区に立憲政友会から立候補し当選。1940年7月に立憲政友会が解党後、1941年9月に翼賛議員同盟が結成されるとこれに所属した。

実業界においては、九州送電顧問、九州共同火力発電取締役、大同信号顧問などを歴任した。

著書[編集]

  • 『電力国家管理法案成立の経過並に今後の対策』(電気日報社、1938年)
  • 『東南アジアとその資源』(鱒書房、1952年)

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年(昭和12年)、29頁。

参考文献[編集]

  • 『激動の日本政治史 - 明治・大正・昭和歴代国会議員史録(下巻)』(阿坂書房、1979年) 2205頁