増本浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増本 浩子(ますもと ひろこ、1960年7月16日[1] - )は、ドイツ文学者神戸大学教授

広島県生まれ。広島大学文学部独文科卒、1987年同大学院文学研究科博士課程後期中退。1997年「デュレンマット研究 50~60年代の戯曲を中心に」で文学博士(広島大学)。姫路獨協大学外国語学部助手講師助教授、教授、2007年10月神戸大学人文学研究科准教授、2010年教授。フリードリヒ・デュレンマットが専門。

著書[編集]

  • 『迷宮のドラマトゥルギー フリードリヒ・デュレンマットの喜劇』三修社 1998
  • 『フリードリヒ・デュレンマットの喜劇 迷宮のドラマトゥルギー』三修社 2003
  • 『ステップ30 1か月速習ドイツ語』日本放送出版協会 2006
  • 『やさしいドイツ語入門』白水社 2008

翻訳[編集]

第1巻「ロムルス大帝」2012、第2巻「フランク五世」2013、第3巻 加担者 デュレンマットの演劇論 2015

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]