増尾城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
増尾城
千葉県
増尾城空堀
増尾城空堀
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 戦国時代
主な城主 平川氏か
廃城年 不明
遺構 堀、土塁
指定文化財 なし
位置 北緯35度50分25.39秒
東経139度59分3.74秒

増尾城ますおじょう)は千葉県柏市増尾にあった日本の城

概要[編集]

増尾城は、高城氏の家臣・平川若狭守によって築かれたと伝わる城である。西と南に旧道が通っていたことから、両道の押さえとして築かれたものと考えられている。

構造[編集]

大津川とその支流によって形成された舌状台地上に占地し、舌状台地全体が土塁と空堀を用いて二郭に区画されている。

舌状台地基部は空堀を用いて遮断されており、加えて郭内に土塁が設けられている。また、外郭土塁南端に櫓台突出しており、脇に開く虎口を防御し、空堀内への横射が可能となっている。この空堀は北側の腰郭状削平地に繋がり、腰郭は台地端まで伸びる。

遺構[編集]

一部が崩落しているが、土塁及び空堀が比較的良く残る。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]