塵に咲く花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塵に咲く花
Blossoms in the Dust
Blossoms in the Dust lobby card.jpg
初公開時ロビーカード
監督 マーヴィン・ルロイ
脚本 アニタ・ルース
製作 マーヴィン・ルロイ
アーヴィング・アッシャー
出演者 グリア・ガースン
ウォルター・ピジョン
音楽 ハーバート・ストサート
撮影 カール・フロイント
W・ハワード・グリーン
編集 ジョージ・ベームラー
制作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年6月26日
日本の旗 1951年11月30日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,112,000ドル[1]
配給収入 1,272,000ドル(北米)
1,386,000ドル(海外)[1][2]
テンプレートを表示

塵に咲く花』(ちりにさくはな、原題:英語: Blossoms in the Dust)は、1941年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。 テキサス州を拠点に婚外子への支援に尽力したエドナ・グラドニーの半生を描く。マーヴィン・ルロイが監督し、グリア・ガースンウォルター・ピジョンが主演した。ガースンとピジョンの初共演作である。

テクニカラー作品として製作された。

キャスト[編集]

  • エドナ:グリア・ガースン
  • サム・グラドニー:ウォルター・ピジョン
  • マックス・ブレスラー:フェリックス・ブレサート
  • シャーロット:マーシャ・ハント
  • エドナの母:フェイ・ホールデン
  • エドナの父:サミュエル・S・ハインズ
  • アラン:ウイリアム・ヘンリー
  • デイモン:ジョン・エルドリッジ

スタッフ[編集]

  • 監督:マーヴィン・ルロイ
  • 製作:マーヴィン・ルロイ、アーヴィング・アッシャー
  • 脚本:アニタ・ルース
  • 音楽:ハーバート・ストサート
  • 撮影:カール・フロイント、W・ハワード・グリーン
  • 編集:ジョージ・ベームラー
  • 美術:セドリック・ギボンズ
  • 装置:エドウィン・B・ウィリス
  • 衣裳:エイドリアン
  • 男性用衣裳:ジャイル・スティール
  • 録音:ダグラス・シアラー
  • ヘアスタイル:シドニー・ギラロフ
  • 化粧:ジャック・ドーン
  • 特殊効果:ウォーレン・ニューカム

アカデミー賞受賞・ノミネーション[編集]

  • 受賞
    • 美術・室内装置賞(カラー):セドリック・ギボンズ、ユーリー・マックリアリー、エドウィン・B・ウィリス
  • ノミネーション

[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .
  2. ^ 'MGM Feature Film Ledger, 1928-47' (Economic Effects of Vertical Disintegration: The American Motion Picture Industry, 1945 to 1955)

外部リンク[編集]