塩田津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯33度07分52.0秒 東経130度03分38.0秒 / 北緯33.131111度 東経130.060556度 / 33.131111; 130.060556

塩田津の位置(佐賀県内)
塩田津
塩田津
位置

塩田津(しおたつ)は、佐賀県嬉野市塩田町にある街区。2005年(平成17年)12月27日に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている[1]

概要[編集]

白漆喰の壁が特徴の「居蔵家(いぐらや)」が軒を連ねる[2]。また、江戸時代の町割りや地割り、水路が残り、建造物と合わせて重要伝統的建造物群に選定される要因となった[3]

2005年(平成17年)の重要伝統的建造物群保存地区選定の翌年から保存・修理事業が開始され[3]、景観地区としての整備が進められた。

歴史[編集]

江戸時代初期に長崎街道の宿場町「塩田宿」として整備される[2]。また「津」の名称に見られるとおり、川の港としての機能(有明海の大きい潮位差を利用した)を持ち、経済の結節点であった[4]

1789年(寛政元年)に大火に見舞われ、その復興後に漆喰作りの「居蔵家」が広まった[4]

1818年文化10年)には、佐賀藩の蔵が建築された[2]

1855年安政2年)には、現存する西岡家住宅が建築されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 重要伝統的建造物群保存地区 嬉野市塩田津 - 佐賀トラベルサポート「どがんしたと」(2021年7月11日閲覧)
  2. ^ a b c d 居蔵造の町並み 塩田津”. peraichi.com. 塩田津町並み保存会. 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ a b 嬉野市塩田津(佐賀県) (PDF) - 文化庁(文化財の紹介、嬉野市2020年5月1日作成資料)2021年7月11日閲覧。
  4. ^ a b 嬉野市塩田津 - 文化遺産オンライン(2021年7月11日閲覧)