塩田信之 (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩田 信之(しおだ のぶゆき、1967年6月25日 - )は、日本ゲームミュージック作曲家東京都出身。

略歴[編集]

学生時代にバンド結成を機に音楽のプロを志し、ベーシストとして腕を磨く[1]。一方で初期ナムコ作品等に影響され、ゲーム音楽に興味を持つ。専門学校で音楽教育を受け、卒業制作で初めて作曲をする[2]1989年株式会社キッド入社、同社で初のサウンドクリエイターとなる。およそ60タイトルのゲームサウンド制作に携わり、1999年退社。以降フリーランスの作曲家となる。

作風[編集]

ジャンルにとらわれず様々な音楽を手掛ける。全編ヒップホップによる『ストバスヤロウ将』、シュールな童話的世界観を表現した『オリビアのミステリー』等で当時のゲーム音楽としては異例だったジャンルを積極的に採用、中でも『サマーカーニバル'92 烈火』は国内アーティストによる作例の無かったハードコアテクノによるもので、後年シューティングゲームの音楽がテクノミュージックへと傾倒する先駆となった[3]。また、ファミリーコンピュータの純正音源では不可能と思われたクラブミュージックを実現した技術は高く評価され、2016年以後のファミコン再興ブームではサウンド面での中核を担った。

人物[編集]

  • 通知表で唯一「1」を記録した科目が音楽だった[2][4]
  • 20歳の頃に絶対音感を持っている事が判明、ソルフェージュの試験中に課題曲のピッチがおかしいと指摘し、塩田の指示に従いながら教師がカセットテープの速度を調整したというエピソードがある[5]
  • 2曲しか作歴が無い頃にコナミに応募、最終面接まで残ったが「作曲歴なし」と判定されて落選している[2]
  • プレイステーションセガサターンのムービー用にオーケストラ曲を作った際、上手く出来たと自己評価しながらも満足せず、さらなる上達のためにチェロを買いアマチュアオーケストラに加入している[2]
  • キッドに来ていた漫才師志望のアルバイトから一緒に組みたいと誘われたが、笑いを作るよりも音楽を作る方が性に合っているという理由で断った[2]

楽曲制作[編集]

ゲームミュージック[編集]

アーケードゲーム

ファミリーコンピュータ

ゲームボーイ

ゲームボーイカラー

スーパーファミコン

セガサターン

プレイステーション / セガサターン

プレイステーション4 / プレイステーションVita

ワンダースワン

ネオジオポケット

Windows

チップチューン[編集]

TVCM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三才ブックス『8BIT MUSIC POWER サウンドブック』インタビュー「塩田信之とファミコン音楽」より
  2. ^ a b c d e 本人のサイトより
  3. ^ 『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ』ゲストアレンジャー紹介より
  4. ^ 本人のツイッターより
  5. ^ 本人の旧サイト『saltomatic.com』(2002年 - 2005年頃まで運営、現在廃止) より

関連項目[編集]