塩沢紬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩沢紬(しおざわつむぎ)とは、新潟県南魚沼市周辺で織られている絹織物で、光沢の少ない玉糸と真綿手紡糸を使用した、落ち着いた色合いと風合いが特徴となっている。

概要[編集]

麻織物の「越後上布」の伝統技術絹織物に取り入れた織物で、明和年間(1764年~71年)の頃に織られ始めた[1]。大正時代の頃から麻織物より生産量が多くなったが、第二次世界大戦の勃発により、贅沢品として生産が制限される[1]1949年(昭和24年)塩沢織物工業協同組合が創設される[1]1975年昭和50年)に、経済産業大臣指定伝統的工芸品となっている[1]

主な技法は先染めの平織である[2]。縦糸に生糸・玉糸、横糸に真綿手紡糸を使用し、手くくり、手摺り込みによる絣糸を一本一本合わせながら織り上げた蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじがすり)・亀甲絣(きっこうがすり)などと呼ばれる細かい模様が特色である[1][2]。また、塩沢紬は地薄でさらさらとしている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 塩沢紬-塩沢織とは?/塩沢つむぎ記念館公式ページ|塩沢織物の伝統技術の体験型文化施設”. www.tsumugi-kan.jp. 2020年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c 本田利夫 (2006-03). “塩沢紬”. 繊維学会誌 ( 社団法人繊維学会) 62 (2): 57-58. doi:10.2115/fiber.62.P_57. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]