塩沢紬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

塩沢紬(しおざわつむぎ)とは、新潟県南魚沼市周辺で織られている絹織物で、光沢の少ない玉糸と真綿手紡糸を使用した、落ち着いた色合いと風合いが特徴となっている。

概要[編集]

麻織物の「越後上布」の伝統技術絹織物に取り入れた織物で、江戸時代18世紀)に織られ始めた。1975年昭和50年)に、経済産業大臣指定伝統的工芸品となっている。

縦糸に生糸・玉糸、横糸に真綿手紡糸を使用し、手くくり、手摺り込みによる絣糸を一本一本合わせながら織り上げる。蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじがすり)・亀甲絣(きっこうがすり)などと呼ばれる細かい模様が特色である。は渋い色調地などにが多く見られる。

生地真綿特有のやわらかさがあり、暖かである、生産反数が非常に少ないため幻の紬とも言われる。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]