塩汲峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:風景の画像提供をお願いします。2018年3月
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
福井県道772号標識
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
京都府道772号標識

塩汲峠(しおくみとうげ)は、日本福井県大飯郡高浜町京都府舞鶴市とを隔てるである。

概要[編集]

福井県道・京都府道772号上にある標高154mの峠である。福井県の最西端に位置し、吉坂峠と共に若狭の自然の要塞として機能してきた歴史がある。名前の由来は古代からこの付近は製塩業が盛んであり、海水を汲み上げて乾燥させを作り、それを京まで運んでいた為。現在でも県境の峠として知名度が高く、また京都側からの内浦湾の景観が大変美しくサイクリングロードとしても有名な峠である。また福井県道・京都府道772号は福井県側に峠を越えてすぐ、京都府道・福井県道21号と重複し、福井県内で福井県道・京都府道772号の単独区間を走れる数少ないスポットともなっている。

道路状況[編集]

峠の標高が低いこともあり、福井県京都府の両側ともすぐ近くに集落があり、あまり峠らしい様相は呈していない。路面もアスファルトで舗装され、麓から峠まで片側1車線の確保された、4輪車でも安心して通行できる峠である。ただし程よいワインディングロードであることと福井県側の景観が良いこともあり、サイクリングを楽しむ人が多く、自転車には注意が必要である。

峠周辺の接続路線[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度30分58.5秒 東経135度27分27.7秒