塩川伸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩川 伸明(しおかわ のぶあき、1948年 - )は、日本政治学者東京大学名誉教授。専門はロシア政治史、比較政治学

略歴・人物[編集]

東京都生まれ。1974年、東京大学教養学部教養学科卒業。1979年、同大学院社会学研究科国際関係論専門課程博士課程単位取得退学。

1979年東京大学社会科学研究所助手、1982年より同大学法学部助教授比較政治を担当し、1994年より東京大学大学院法学政治学研究科教授。2013年定年退職。

専門分野で実証研究を発表する。一方で、社会主義の啓蒙的な著作もある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「社会主義国家」と労働者階級――ソヴェト企業における労働者統轄 1929-1933年』(岩波書店, 1984年)
  • 『スターリン体制下の労働者階級――ソヴェト労働者の構成と状態:1929-1933年』(東京大学出版会, 1985年)
  • 『ソヴェト社会政策史研究――ネップ・スターリン時代・ペレストロイカ』(東京大学出版会, 1991年)
  • 『ペレストロイカの終焉と社会主義の運命』(岩波書店, 1992年)
  • 『終焉の中のソ連史』(朝日新聞社, 1993年)
  • 『社会主義とは何だったか』(勁草書房, 1994年)
  • 『ソ連とは何だったか』(勁草書房, 1994年)
  • 『現存した社会主義――リヴァイアサンの素顔』(勁草書房, 1999年)
  • 『「20世紀史」を考える』(勁草書房, 2004年)
  • 『多民族国家ソ連の興亡(1)民族と言語』(岩波書店, 2004年)
  • 『多民族国家ソ連の興亡(2)国家の構築と解体』(岩波書店, 2007年)
  • 『多民族国家ソ連の興亡(3)ロシアの連邦制と民族問題』(岩波書店, 2007年)
  • 『民族とネイション――ナショナリズムという難問』(岩波書店[岩波新書], 2008年)
  • 『冷戦終焉20年――何が、どのようにして終わったのか』(勁草書房, 2010年)
  • 『民族浄化・人道的介入・新しい冷戦――冷戦後の国際政治』(有志舎, 2011年)

共編著[編集]

  • 石川晃弘松里公孝)『講座スラブの世界(4)スラブの社会』(弘文堂, 1994年)
  • 中谷和弘)『法の再構築(2)国際化と法』(東京大学出版会, 2007年)
  • 『ユーラシア世界(1)〈東〉と〈西〉』、塩川伸明・小松久男沼野充義宇山智彦編、東京大学出版会、2012年
  • 『ユーラシア世界(2)ディアスポラ論』、塩川伸明・小松久男・沼野充義編、東京大学出版会、2012年
  • 『ユーラシア世界(3)記憶とユートピア』、塩川伸明・小松久男・沼野充義編、東京大学出版会、2012年
  • 『ユーラシア世界(4)公共圏と親密圏』、塩川伸明・小松久男・沼野充義・松井康浩編、東京大学出版会、2012年
  • 『ユーラシア世界(5)国家と国際関係』、塩川伸明・小松久男・沼野充義編、東京大学出版会、2012年

訳書[編集]

  • スティーヴン・F・コーエン『ブハーリンとボリシェヴィキ革命――政治的伝記、1888-1938年』(未來社, 1979年)
  • E・H・カー『ロシア革命――レーニンからスターリンへ, 1917-1929年』(岩波書店, 1979年/岩波現代文庫、2000年)
  • M・シートン=ワトソン『文学作品にみるソヴェト人の息吹』(朝日新聞社, 1988年)

外部リンク[編集]