塩化水酸化カルシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩化水酸化カルシウム(えんかすいさんかカルシウム)は、塩基性塩で、化学式CaCl(OH)で表される物質[1]

生成[編集]

水酸化カルシウムに対して塩酸の当量が、少ない場合は、本物質が生成される。水には溶けにくい[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 杉山美次『これだけ!高校化学』秀和システム、2014年、171頁(日本語)。ISBN 97847980425102021年10月30日閲覧。