塩入亮忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩入 亮忠(しおいり りょうちゅう、1889年6月23日 - 1971年12月23日)は、天台宗の僧、仏教学者。第13代大正大学学長。雅号・一乗子、別名・汲海。

生涯[編集]

長野県小県郡神川村(現上田市)出身。1901年東京浅草寺で得度。1915年天台宗大学(現・大正大学)卒。大谷大学研究科で華厳唯識、天台宗学を学びつつ、奈良東大寺勧学院で華厳を修めた。1918年天台宗大中学講師、1927年大正大学講師となり、研究雑誌「伝教大師研究」を創刊。第2代駒込中学校長・理事長。1931年大正大学教授。1951年同学長。59年名誉教授。1961年「伝教大師の思想と教学の研究」で東洋大学文学博士。浅草寺執事長、宗務総長探題。浅草寺法善院住職、川越喜多院の住職を務めた。[1][2]

著書[編集]

  • 『伝教大師』伝教大師奉讃会 1937
  • 『新時代の伝教大師の教学 傳教大師佛教小論集』大東出版社 1939
  • 『観音全集 第1巻 観音信仰への道』有光社 1940

訳・共編[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典 講談社 2009年
  2. ^ 20世紀日本人名事典日外アソシエーツ 2004年