塩コショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩コショー
メンバー ベルナール・アッカ
レックス・ジョーンズ
結成年 2001年
解散年 2008年
活動時期 2001年 - 2008年3月15日
旧コンビ名 塩コショウ
現在の活動状況 解散(ベルナールは格闘家、レックスはピンまたは俳優として活動)
芸種 コント
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 エンタの神様
週刊ポケモン放送局
アッコにおまかせ!
など
テンプレートを表示

塩コショー(しおコショー)は、かつて日本に存在したお笑いコンビ。2008年3月15日に解散を発表。

「塩、コショー お笑いに必要な 調味料」が最初のキャッチフレーズ。

概要[編集]

いかにもガイジン(外国人)な外見を活かし、達者な日本語と、ものぐさキャラネタにしたコントを持ちネタとする。外国人であることをネタにしているのが特徴。年齢が離れているのも1つの特徴である。互いにボケ・ツッコミし合いながら、自虐ネタが好評。

下ネタを披露した後、最後のほうに、レックスが「このー、エロ外人」とツッコみ、ベルナールが梨元勝よろしく「恐縮でーす」と言うこともある。ツッコミ担当はベルナールで、ボケはレックスが担当しているが、逆もある。また、他の芸人の定番ネタをオチにすることもあった。

「さんま・中居の今夜も眠れない」(フジテレビ系列『27時間テレビ』のコーナー)で深夜0時を回ったら、中居を部屋に連れてくる役として認知されているが、これは誤解である。正しくは、ベルナールは出演しておらず、ナースに扮したレックスと外人ナース2名でやっている。

結成はフジテレビ深夜番組深夜戦隊ガリンペロ』。同番組最終回で「普通の外人に戻ります」と言ったが、結局芸人として2008年3月15日まで続いていた。

解散の理由は、『エンタの神様』(日本テレビ)出演者に対する雑誌取材の際、ベルナールが「格闘技は本職ですよ。お笑いは言ってみれば義務教育の一環としてやっているだけです。」と発言したこと(J-WAVEPLATOn』の2008年5月6日放送分に、ゲスト出演したレックスの発言による)。5年以上続けてきたけれど、未だにツッコミが思うように行かないし、格闘技一本に専念したい、ということで、このような結果になったようである。

レックスは引き続き芸人の道を探りつつ、役者としても活躍し、『銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』などに出演している。本人曰く、「今の健康ブームに因んで、塩分控えめ、ということで、これからは塩抜きの塩コショーとしてやっていこうかな」と解散はしたものの、ベルナールと一緒にラジオなどで出演する可能性をふくませたコメントをしている。

メンバー[編集]

ベルナール・アッカ(Bernard Ackah、1972年4月9日 - )O型。
  • 身長186cm 胸囲119cm 足のサイズ29cm
  • ニックネーム:闘う芸人・マスオさん芸人
  • 出身地:ドイツ
  • 国籍:コートジボワール
  • 趣味:テコンドー空手柔道、日本のことわざ、四文字熟語
  • 言語 :日本語・韓国語・フランス語・英語
  • 日本人の妻を持ち、現在3児のパパ
  • 義父とかなり仲が良いらしい
  • 納豆が好きで、毎朝食べているらしい
  • オタクを自称しており、日本のアニメや特撮ヒーローの歌を何十曲も覚えている
レックス・ジョーンズ(Rex Jones、1952年12月16日 - )A型。

出演[編集]

テレビ[編集]

ベルナール

その他の出演はベルナール・アッカ#出演作品を参照。

レックス
ドラマ
  • 民王(2015年7月31日、テレビ朝日)※ガードナー役

ラジオ[編集]

ベルナール

外部リンク[編集]

リダイレクトの所属カテゴリ[編集]