塚脇伸作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
1956 メルボルン 男子団体

塚脇 伸作(つかわき しんさく、1931年1月3日 - 1993年9月15日)は、福岡県大牟田市出身の元体操選手。1956年メルボルンオリンピック体操男子団体銀メダリスト。


三池中、三池高校、東京教育大学体育学部を昭和28年卒業。
新宿高校教諭、早稲田大学教育学部・人間科学部教授を歴任。
昭和31年のメルボルン・オリンピックに出場、団体で銀メダルを獲得、個人総合で12位、吊り輪7位、平行棒8位だった。
昭和33年の世界選手権で個人総合9位。全日本選手権で個人総合2位。
昭和37年欧州遠征監督、日ソ対抗コーチ、38年欧州遠征監督、39年欧州遠征コーチ、39年東京、43年メキシコシティー両オリンピック、41年世界選手権各チームリーダー、
45年世界選手権、47年ミュンヘン・オリンピック各審判員、49年世界選手権コーチ、53年アジア大会本部役員を務める。
日本体操協会理事・男子競技本部長、ユニバーシアード委員会名誉主事、日本体育協会競技力向上委員会委員などを歴任。

昭和39、41、43年度朝日体育賞、41年文部大臣スポーツ功労賞を受賞。

書籍[編集]

外部リンク[編集]