塚田佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚田 佐(つかだ たすく、1936年3月3日 - )は、日本政治家。元長野県長野市長(4期)。

来歴[編集]

長野県長野市出身。長野県長野高等学校を経て、1958年早稲田大学商学部卒業。家業の白土製造業に従事し、長野白土産業の専務取締役となる。1967年から長野市議会議員を2期、1975年から長野県議会議員を3期務め、長野県地方社会福祉審議会長を兼任。1985年の長野市長選挙に立候補して初当選した。市長在職中には北陸新幹線関係都市連絡協議会会長の他、長野冬季五輪招致委員会会長を務め、招致運動を展開し、1998年の長野冬季五輪大会の開催に力を尽くし、実現させた。2001年に市長を引退した。

参考文献[編集]