塚本純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塚本 純子(つかもと じゅんこ、本名・つかもと まつヱ、1922年 - 1998年2月1日)は、日本の実業家広島県呉市出身。

経歴[編集]

山口県下関海産問屋に嫁ぐが破産し離婚。1953年、子供3人を連れて大阪に出る。ミナミ道頓堀キャバレーで31歳でダンサー(ホステスのかつての呼称)となる。

1955年独立すると才覚を現し、1959年キタクラブ「ジュン」を開業。次いで1962年東京に進出し銀座に超高級クラブ「ジュン」を開業。

以後、オーナーママとして「シャルマン」「チンチラ」「割烹・塚本」などを次々オープンさせた。社用族が溢れた時代でもありグループ店は繁盛し、1972年にはフランスパリにもレストラン「JUN」を開店させた。岸信介田中角栄ら歴代首相や大企業の社長芸能人が常連客で "勘定も客筋も日本一" などと呼ばれ銀座伝説の一翼を担った。客を楽しませる環境づくりがうまく、接待に良かったといわれる。

1992年膵臓ガンが見つかり健康を損ね「ジュン」を閉店。再開できぬまま1998年急性心不全のため死去した。告別式には秘書ら代理を参列させた常連客が多かったが、当時世間を騒がせて公判中だった渡辺広康通夜、告別式の両方に姿を見せた。

花登筺の代表作の一つ『ぬかるみの女』のモデルとしても有名。同作は1980年に第1シリーズが、1981年に『続・ぬかるみの女』のタイトルで第2シリーズが、いずれも星由里子主演でテレビドラマ化され東海テレビ制作・フジテレビ昼ドラマ枠で放送された。また現在でもどこかしらの地方局で再放送され人気がある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]