塚本康浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚本 康浩(つかもと やすひろ 1968年 - )は、日本の獣医師獣医学博士京都府立大学学長・生命環境科学研究科教授。ダチョウ研究で知られる[1]

略歴[編集]

1968年、京都府生まれ。1994年、大阪府立大学農学部獣医学科卒業。1996-1997年、カナダ・ゲルフ大学獣医学部 客員研究員。1998年、大阪府立大学大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了、獣医学博士。大阪府立大学同研究科助手就任。1999年、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」のダチョウ主治医に就任し、本格的なダチョウ及びダチョウ抗体の研究を始める。 2005年大阪府立大学講師、准教授。2008年京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授に就任[2]。2020年4月京都府立大学学長に就任[3][4]

研究内容は、超大型鳥類であるダチョウを用いた新規有用抗体の低コスト・大量作製法の開発。および、がん細胞における細胞接着分子の機能解明とその臨床応用化、高病原性鳥インフルエンザ防御用素材の開発[5]

2008年6月、京都府立大学発ベンチャー「オーストリッチファーマ株式会社」を設立。ダチョウの卵から抽出した抗体を用いて新型インフルエンザ予防のためにマスクを開発。

以後もダチョウ抗体を利用したさまざまな研究(ガン予防・美容など)に取り組む。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『ダチョウ力 愛する鳥を「救世主」に変えた博士の愉快な研究生活』(朝日新聞出版)2012年 ISBN 978-4022505606
  • 『ダチョウの卵で、人類を救います アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話』(小学館)2009年 ISBN 978-4093882484

出演[編集]

  • 激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日[8]
    • 人間界に背を向けてあらゆる鳥たちに人生を捧げた結果、ダチョウについて、200億円を生み出す世界初の大発見をした人(2018年10月8日)
    • 人気のないダチョウ研究に没頭する激ヤバ博士だったのに、感染症問題で今めちゃめちゃ注目されている人(2020年7月4日)
  • ガイアの夜明け』見えない敵と闘う ~“新型コロナ”に立ち向かう企業~(2020年3月10日、テレビ東京系列[9]
  • 情熱大陸』人生をダチョウに捧げる男 感染症予防の可能性を探る(2020年6月7日、TBS系列[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]