塚本博睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塚本 博睦
基本情報
出身地 日本の旗 日本広島県呉市
生年月日 (1918-10-14) 1918年10月14日
没年月日 (2009-08-20) 2009年8月20日(満90歳没)
身長
体重
164 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1937年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

塚本 博睦(つかもと ひろよし、1918年10月14日 - 2009年8月20日)は広島県呉市出身のプロ野球選手外野手。主に中堅手)・野球指導者・監督。

来歴・人物[編集]

1934年、旧制呉港中学校2年の時、第20回夏甲子園大会出場。藤村富美男田川豊原一朗らとセンターで下位を打ち全国制覇に貢献。翌1935年夏はセンターで主に1番を打ち藤村、田川、柚木進らとベスト8まで進む。1936年年末、先輩藤村に呼ばれて立教大学を中退。大阪タイガース奈良友夫と同日入団するが、強力メンバーを揃えた阪神では控えにまわり1938年末、召集され1941年まで北支(北部中国)へ3年間従軍。

1942年除隊し阪神復帰。復帰後、戦時下で選手層の薄くなったチームで終戦までの3年間、1番センターのレギュラーを獲得。戦時中最後の年1944年の優勝に貢献。走攻守の三拍子が揃い、また初球から積極的に打ってくる気性の選手といわれた。洒落者と言われ、戦前のタイガースでは平桝敏男と二人だけ化粧水やクリームを使い、幾種類も持ち歩いて日に5、6回顔を洗って何か塗っていた。このためいつも顔がツルツルと光っていた。戦後1946年6月から復帰。しかし呉昌征にポジションを奪われ出場試合数が激減。

1947年は、ライトのレギュラーだった富樫淳が怪我で抜けた後、ライトのレギュラーを奪い2番と3番を打ち打率3割をマーク、打撃ベストテン4位となり阪神の戦後初優勝に大きく貢献した。金銭条件の不満から、同年オフに10年選手の自由契約によりトレードを希望し阪急ブレーブスに移籍[1]。移籍した1948年は39盗塁をマークし盗塁数2位。1949年東急フライヤーズに移籍し、同年11月19日に1試合6得点の日本プロ野球記録をマーク(過去4人)。その後、一年ごとに西日本パイレーツ、チーム合併で西鉄ライオンズ広島カープと渡り歩いた。

2リーグ制となった1950年、西日本に引き抜かれ2番を打つ。迎えた6月28日、対読売ジャイアンツ戦で、チームは藤本英雄に日本プロ野球史上初の完全試合を喫した。藤本は中等野球時代から山陽大会などでよく対戦があり、塚本は打ち込んでいたが抑えられた。但し初回のレフトライナーはこの試合で一番鋭い当たりだったと言われる。1952年に現役引退。その後、藤井金属監督になる。1960年、古巣・阪神の二軍監督兼二軍打撃コーチになり、翌1961年まで務めた。

2009年8月20日[2]。享年90。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 大阪
阪神
12 9 8 2 3 1 0 0 4 0 1 -- 0 -- 1 -- 0 3 -- .375 .444 .500 .944
1937 6 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 -- .000 .333 .000 .333
1938 11 11 9 5 4 0 0 0 4 0 3 -- 0 -- 2 -- 0 4 -- .444 .545 .444 .990
1938 15 7 6 2 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 -- .167 .286 .167 .452
1942 94 363 309 31 66 7 5 1 86 20 20 12 4 -- 50 -- 0 52 -- .214 .323 .278 .601
1943 81 329 284 26 54 10 2 0 68 10 9 6 6 -- 39 -- 0 32 -- .190 .288 .239 .527
1944 31 147 120 24 31 1 2 0 36 11 11 1 7 -- 19 -- 1 8 -- .258 .364 .300 .664
1946 28 90 76 14 24 1 0 0 25 6 3 2 5 -- 9 -- 0 9 -- .316 .388 .329 .717
1947 106 385 347 55 104 9 9 0 131 34 17 4 4 -- 33 -- 1 23 -- .300 .362 .378 .740
1948 阪急 135 592 536 72 139 17 9 4 186 48 39 11 8 -- 47 -- 1 27 -- .259 .320 .347 .667
1949 東急 113 486 442 75 122 26 5 8 182 39 24 9 2 -- 42 -- 0 26 -- .276 .339 .412 .751
1950 西日本 113 500 444 64 115 25 2 3 153 33 36 8 6 -- 50 -- 0 25 12 .259 .334 .345 .679
1951 西鉄 53 45 42 15 7 0 1 0 9 1 4 0 0 -- 3 -- 0 4 3 .167 .222 .214 .437
1952 広島 87 227 199 21 42 4 1 1 51 17 3 3 7 -- 20 -- 1 16 11 .211 .286 .256 .543
通算:12年 885 3194 2824 408 712 101 36 17 936 219 170 56 49 -- 317 -- 4 229 26 .252 .328 .331 .660
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 22 (1937年 - 1938年・1942年 - 1943年・1952年)
  • 21 (1946年 - 1947年)
  • 27 (1948年 - 1949年)
  • 20 (1950年)
  • 23 (1951年)
  • 55 (1960年 - 1961年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チームメイトだった本堂保次と並んで、この年に制定された10年選手制度の最初の行使者である。
  2. ^ 「阪神タイガース栄光の75年史」の写真名鑑より

関連項目[編集]