塚原鉄雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

塚原 鉄雄(つかはら てつお、1924年〈大正13年〉6月25日 - 1993年〈平成5年〉12月13日)は、日本国語学者国文学者大阪市立大学名誉教授

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『新修竹取物語別記』(白楊社、1953年) 
    • 『新修竹取物語別記補訂』(新典社研究叢書202、新典社、2009年)上記の補訂版
  • 『国語史原論 日本国語の史的展開』(塙選書、塙書房、1961年
  • 『王朝の文学と方法』(風間書房、1971年
  • 『思考と表現』(共文社、1979年
  • 『国公立大二次・私立大小論文』(〈大学入試対策シリーズ 傾向と対策〉旺文社、1981年
  • 『高校生のための文章入門 国語表現テクニック』(旺文社、1983年
  • 『華甲夢幻 国語・国文・教育・雑感』(静江堂、1984年
  • 『王朝初期の散文構成』(笠間書院、1987年
  • 『新講古典文法』(新典社、1987年)
  • 伊勢物語の章段構成』(新典社研究叢書23、新典社、1988年
  • 『国語表現の史的形成』算賀有志編(新典社研究叢書63、新典社、1993年
  • 『国語構文の成分機構』(新典社研究叢書140、新典社、2002年
  • 枕草子研究』(新典社研究叢書164、新典社、2004年

共編著[編集]

校注[編集]

  • 『徒然草新抄』遠藤嘉基・浜田敦共編(中央図書出版社、1954年
  • 堤中納言物語 上』神尾暢子と共に校注(影印校注古典叢書7、新典社、1976年
  • 堤中納言物語 下』神尾暢子と共に校注(影印校注古典叢書13、新典社、1977年
  • 『堤中納言物語』(〈新潮日本古典集成第56回〉 新潮社、1983年)
  • 『落窪物語 賀茂別雷神社三手文庫蔵本』塚原教授華甲記念刊行会編(新典社、1984年)