堤裕貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堤 裕貴
三菱重工広島硬式野球部 #6
Tsutsumiyuuki 20160320.JPG
オリックス時代
(2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀郡久保田町(現在の佐賀市
生年月日 (1993-09-21) 1993年9月21日(25歳)
身長
体重
173 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 2011年 ドラフト6位
初出場 2013年10月12日
最終出場 2016年7月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

堤 裕貴(つつみ ゆうき、1993年9月21日 - )は、佐賀県佐賀郡久保田町(現在の佐賀市)出身の元プロ野球選手内野手)。現在は社会人野球三菱重工広島に所属。右投左打。妻はタレント木口亜矢[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

龍谷高1年時から遊撃手のレギュラーに定着した。3年生夏の選手権佐賀大会3回戦で佐賀北高に4-5で敗れるなど、在学中には春夏とも阪神甲子園球場での全国大会への出場経験はなかったが、2011年のNPBドラフト会議オリックス・バファローズから6巡目で指名[2]。契約金2,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は62

オリックス時代[編集]

2012年は、二軍生活に終始した。

2013年は、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム最多の100試合に出場。フレッシュオールスターゲームに、同リーグ選抜のメンバーとして初出場を果たした(詳細後述)。さらに、10月12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)では、「2番・二塁手」としてスタメンで一軍デビュー。10月13日の同カードでは、一軍公式戦での初安打・初打点・初盗塁を記録した。なお、シーズン終了後に、背番号を54に変更した。

2014年は、一軍公式戦5試合に出場。前年に続いて、二塁手としてスタメン出場の機会を得たほか、安打と打点を記録する[3]

2015年は、一軍公式戦5試合に出場したが、無安打でシーズンを終えた。プライベートでは7月に木口と結婚した。

2016年は、7月13日の対北海道日本ハムファイターズ戦(京セラドーム大阪)6回裏に代打で犠打を記録。そのまま指名打者に入ったが、8回裏の打席で交代した。結局、一軍公式戦ではこの試合で1打席に立っただけで、10月25日に球団から戦力外通告を受けた[4]12月2日に、NPBから自由契約選手として公示[5]

オリックス退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していたことから、2016年11月12日には12球団合同トライアウト阪神甲子園球場)へ参加。シートバッティング形式による6人の投手との対戦で、二塁打1本を含む5打数2安打という結果を残した[6]がNPB他球団から獲得のオファーを受けるまでには至らなかった。

2017年からは、社会人野球三菱重工広島でプレーを続けている[7]

2018年5月24日、広島市内のスーパー駐車場内に止めた車の中で下半身を露出したとして、公然猥褻の疑いで現行犯逮捕された[8]。翌5月25日、その影響により堤の所属する三菱重工広島野球部は第89回都市対抗野球大会の2次予選である中国予選の出場辞退を決めた[9]

選手としての特徴[編集]

左打ちで広角打法[10]であるのに加え、左翼方向へ強い打球を放てることが特徴[11]。守備範囲が広く[10]、肩も強い[11]。一方、走力の評価は高くない[12]

自身と同じ九州出身で左打ちの内野手・川崎宗則のファンで選手としての目標にも挙げている[11]。2014年のオフシーズンには、「青濤館」(当時の合宿所兼室内練習場)での自主トレーニング中に川崎本人と遭遇した。その縁で2016年1月には川崎の自主トレーニングに参加している[13]

人物[編集]

高校2年に上がる前、監督の助言もあり守備に自信を持てるようになった頃からプロ入りを意識するようになった[14]

プロ入りが決まった後、母校の佐賀市立思斉館中学校に野球道具一式を寄贈した[15]

秋田こまちスタジアムで開かれた2013年のフレッシュオールスターゲームでは、球団側の手違いで試合当日の7月18日に自分のユニフォームがスタジアムに届かなかった。そこで戸田亮(堤と同じくウエスタン・リーグ選抜のメンバーに入っていたオリックスのチームメイト)のユニフォームを借りて試合に出場した[16]。6回表に戸田が登板した際には堤が三塁を守っていたため、「グラウンドに全く同じユニフォームを着た選手が2人いる」という異例の事態に至った。堤自身も6回裏には先頭打者として右翼線へ二塁打を放ったことから、試合後に「戸田に借りを返せたと思います」というコメントを残した[17]

家族[編集]

妻の木口(主に東京で芸能活動を展開していた)は堤より8歳年上で、2014年春に知人の紹介で知り合ったことを機に意気投合した。神戸に住む堤との遠距離恋愛の末に結婚へ至ったという[18]2015年11月14日に自身の公式ブログで結婚を報告した際には、堤の人柄を「とても優しくすごく(自分を)支えてくれています」という表現で紹介した[19]。また、堤へのサポートを最優先すべく、結婚を機に関西で同居を始めていることを明かした[20]。なお、2015年末には堤の地元・佐賀に近い福岡で結婚式を挙げた。堤がオフシーズンにしか佐賀時代の友人や恩師と会えないことを、木口が配慮したことによる[21]

結婚後は、全国ネットで放送されるテレビ番組向けの密着取材を木口と揃って受けることがある。2016年6月8日の深夜に放送された『グサッとアカデミア~中山&林先生の女性に刺さる幸せ講義~』(同局制作の特別番組)で夫婦揃って密着取材を受けている[22]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 オリックス 2 8 7 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 1 0 0 1 0 .143 .250 .143 .393
2014 5 16 14 0 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .143 .286
2015 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2016 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:4年 14 30 26 1 3 0 0 0 3 2 1 0 3 0 1 0 0 6 0 .115 .148 .115 .264

年度別守備成績[編集]


二塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2013 2 2 7 0 1 1.000
2014 5 12 14 0 1 1.000
通算 7 14 21 0 2 1.000
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 62 (2012年 - 2013年)
  • 54 (2014年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 木口亜矢 オリックス堤裕貴と結婚「とっても優しい 私なりに支えたい」”. スポーツニッポン (2015年11月14日). 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ 2011年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2011年10月27日). 2012年5月10日閲覧。
  3. ^ オリックス堤が先制打「高めに来たら…」”. スポーツニッポン (2014年7月30日). 2015年11月17日閲覧。
  4. ^ オリックス、佐藤峻ら4選手に戦力外通告”. スポーツニッポン (2016年10月25日). 2016年10月25日閲覧。
  5. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  6. ^ 65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. スポーツニッポン (2016年11月12日). 2016年11月12日閲覧。
  7. ^ 三菱重工広島硬式野球部に5名の新人が仲間入り!”. 三菱重工広島硬式野球部後援会 (2017年4月3日). 2017年6月3日閲覧。
  8. ^ 元オリックス選手、下半身露出の疑い 広島県警が逮捕”. 朝日新聞社 (2018年5月25日). 2018年5月25日閲覧。
  9. ^ 都市対抗野球:中国予選、三菱重工広島が辞退 選手不祥事 毎日新聞 2018年5月25日
  10. ^ a b 2012プロ野球オール写真選手名鑑 P62 日本スポーツ企画出版社発行
  11. ^ a b c 週刊ベースボール2012年4月2日号 P58
  12. ^ 別冊野球小僧2011ドラフト総決算号P8 白夜書房発行
  13. ^ オリックス堤 ムネリンと合同自主トレ!精神面の師に”. スポーツニッポン (2015年12月29日). 2016年1月18日閲覧。
  14. ^ 今春、夢舞台へ プロ入りの2高校生にインタビュー 佐賀”. asahi.com (2012年1月20日). 2012年5月21日閲覧。
  15. ^ オリックス堤裕貴選手、母校に練習用具贈る”. 佐賀新聞 (2012年1月6日). 2012年5月10日閲覧。
  16. ^ 戸田が2人!?オリックス 堤 ユニホーム忘れヤジられた”. スポーツニッポン (2013年7月19日). 2013年7月19日閲覧。
  17. ^ オリックス戸田が2人? 堤ユニホーム届かず・・・”. 日刊スポーツ (2013年7月19日). 2015年11月17日閲覧。
  18. ^ 木口亜矢が結婚「料理を頑張りたい」相手は8歳下オリックス堤選手”. スポーツ報知 (2015年11月13日). 2015年11月17日閲覧。
  19. ^ ご報告”. 木口亜矢オフィシャルブログ (2015年11月14日). 2015年11月17日閲覧。
  20. ^ 祝福コメントありがとうございます”. 木口亜矢オフィシャルブログ (2015年11月16日). 2015年11月17日閲覧。
  21. ^ 結婚しました♡”. 木口亜矢オフィシャルブログ (2016年1月3日). 2016年1月18日閲覧。
  22. ^ 旦那さんと”. 木口亜矢オフィシャルブログ (2016年6月8日). 2016年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]