堤一之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堤一之
Kazuyuki Tsutsumi
HC東京 #26
ポジション 両サイド
基本情報
本名 堤一之
愛称 ツッツ
日本の旗 日本
出身地 和歌山県
身長・体重 167cm cm
65kg kg
テンプレートを表示

堤 一之(つつみ かずゆき、1976年10月24日 - )は和歌山県出身の元ハンドボール選手。ポジションは両サイド。

来歴[編集]

父(堤 啓二)が監督を務める新宮高等学校でハンドボールを始め、中部大学を経てHC東京WINGSに入団。 高校時代はバックプレーヤーであったが、大学時代にサイドプレーヤーに転向。 167cmと非常に小柄で軽量級ではあるが、スピードと多彩なシュートテクニックを具え持ち、HC東京では須藤武志、田中将らとの併用で途中出場が多かったが、出番が来ればシュート&シュートメイクを正確にできる選手であった。 チーム内の同期武藤崇之木村祐介と仲が良かった。

HC東京廃部後(2006年)引退。2008年に女子バスケットボール選手の堀部涼子ユニチカJAL)と結婚している。エバラヴィッキーズでプレーしていた堀部香織は義妹にあたる。