堕落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堕落(だらく)とは、罪を犯す、汚れる、醜くなる、下劣になる、卑しくなる、落ちぶれることを言う。行動としては生活規律が乱れ、品行が悪くなること。何を堕落とするかは価値観によって異なるが、人間が享楽や欲望のままに行動することを禁ずるのは、どの価値観でも同じである。

キリスト教[編集]

キリスト教では、最初の人間が三位一体、創造主である(天主、絶対者)に背いて堕落し、原罪を持ち、死ぬ者となったことを人間の堕落と呼び、神学上は堕落前の世界と堕落後の世界を分けて考える[1][2]改革派教会カルヴァン主義では全的堕落の教理がある[3][4]。また、堕落した御使い悪魔と呼ばれている[5][6][7][8]

仏教[編集]

仏教では、人間が釈尊の教えを忘れていくことを、堕落と見做す。

脚注[編集]

  1. ^ ヘスラム『近代主義とキリスト教-アブラハム・カイパーの思想』教文館
  2. ^ 尾山令仁『開かれた聖書』ニューライフ出版
  3. ^ ローレン・ベットナー『カルヴィン主義予定論』
  4. ^ H.パーマー『カルヴィニズムの5特質』
  5. ^ カトリック教会のカテキズム
  6. ^ 岩下壮一『カトリックの信仰』
  7. ^ ヘンリー・シーセン『組織神学』聖書図書刊行会
  8. ^ 尾山令仁『聖書の教理』羊群社

関連項目[編集]