堂森佳南子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堂森 佳南子
(どうもり かなこ)
DOMORI, Kanako
Wheelchair tennis pictogram (Paralympics).svg
基本情報
フルネーム DOMORI, Kanako
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 静岡県榛原郡吉田町[1]
居住地 日本の旗 埼玉県[2]
生年月日 1975年
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14(2009年7月27日[3]
ダブルス 13(2009年8月3日[3]

堂森 佳南子(どうもり かなこ、1975年 - )は、日本障害者スポーツ選手学位学士経営情報学)(静岡県立大学1998年)。

概要[編集]

障害者スポーツのなかでも車いすテニスを中心に活動しており、一時は並行して車いすバスケットボールの活動も行っていた。日本車いすテニス協会による車いすテニス日本ランキングでは、女子シングルス1位、女子ダブルス2位になったこともある[1]。なお、世界ランキングでは、女子シングルスで最高13位、女子ダブルスでは最高13位にランクしている[3]。これらの活躍により北京パラリンピックにも出場しており、2000年代の日本の女子車いすテニスを代表する選手の一人である。

来歴[編集]

1975年生まれ。静岡県榛原郡吉田町出身である[1]。10代のころ、脊髄炎を患い両下肢に麻痺が残った[1]静岡県立榛原高等学校を経て[1]静岡県立大学経営情報学部に進む[1][4]。高校時代に車いすテニスを始め、学生時代は継続して取り組んだ[5]。卒業する際には、「学業精励」[6] との理由により、同大学から「はばたき賞」を授与されている。現在はケイアイスター不動産社員。

その後は車いすバスケットボールにも取り組み、車いすバスケットボールチームの「ウィング」に入団するなど[1]アスリート活動の幅を広げた。ウィング退団後は、車いすテニスの活動を中心としている。

2008年には北京パラリンピック日本選手団の一員に選ばれた。北京パラリンピックでは車いすテニス女子シングルに出場し、イギリスLucy Shukerと対戦した[7]。また、女子ダブルスでは大前千代子とともに出場し、フランス代表チームと対戦するなどしてベスト8となった[8][9]

戦歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「堂森佳南子年表」『堂森佳南子年表 - 「堂森佳南子公式HP」 Official応援サイト2005年4月22日
  2. ^ JWTA 日本車いすテニス協会 選手一覧表日本車いすテニス協会
  3. ^ a b c "DOMORI, Kanako (JPN)", 堂森佳南子 - 国際テニス連盟のプロフィール (英語)
  4. ^ 「本学部卒業生のスポーツ分野での活躍」『静岡県立大学経営情報学部 -本学部卒業生のスポーツ分野での活躍静岡県立大学経営情報学部2008年10月21日
  5. ^ 堂森佳南子「北京パラリンピックへの出場」『はばたき』109巻、静岡県立大学広報委員会2009年3月、29頁。
  6. ^ 「はばたき寄金の活動実績」『はばたき寄金の活動実績:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  7. ^ "Beijing 2008 Paralympic Games Wheelchair Tennis Women's Singles", Results, International Paralympic Committee.
  8. ^ "Beijing 2008 Paralympic Games Wheelchair Tennis Women's Doubles", Results, International Paralympic Committee.
  9. ^ 酒井朋子「女子ダブルス八筬/岡部、堂森/大前ともにベスト4ならず【北京パラリンピック】」『日本テニス協会公式blog: 女子ダブルス八筬/岡部、堂森/大前ともにベスト4ならず【北京パラリンピック】2008年9月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]